PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2009年12月18日

JALと三井住友カードが共同で「銀聯カード」利用促進キャンペーンを実施

          JAL.jpg             イメージ2

共同リリース

株式会社日本航空(本社:東京都品川区、社長:西松遙)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:月原紘一)は協力し、JAL便利用者を対象とした、中国人観光客向け決済サービス「銀聯(ぎんれん)」の利用促進キャンペーンを、2010年1月1日(金)から4月30日(金)までの4ヶ月間にわたり実施いたします。

本キャンペーンは、JAL便で来日される中国人観光客を対象に、日本の対象加盟店43店舗での銀聯カード利用で、お得なサービスが受けられるクーポン冊子を、中国各地のJAL出発カウンターおよび中国各地発日本行きJAL運航便(*)機内にてご入手いただけるものです。東京(池袋・銀座・渋谷・新宿)・大阪(梅田・心斎橋)・北海道(札幌)・福岡と中国人観光客に人気の高い地域を対象エリアとし、掲載店舗にてクーポン冊子を提示の上、銀聯カードを利用もしくは提示すると、各店舗オリジナルの特典が受けられます。(詳細下記)

日本航空は今年、日中定期便就航35周年を迎え、中国便利用者に向けた独自の施策やキャンペーンを展開しています。今回、来日する中国人観光客にとって最もポピュラーな決済手段である「銀聯カード」の利用促進キャンペーンを実施することで、JAL便を利用される中国の方に、より便利でおトクに日本でのご旅行を楽しんで頂けるようにいたします。

三井住友カードでは従来より、エリアを限定した、主に百貨店・家電量販店で利用できるクーポンを配布するキャンペーンを実施しており、ご好評頂いております。今回の日本航空とタイアップした銀聯カードキャンペーンでは、さらに対象エリアを拡大し、従来のキャンペーンでは対象とならなかった飲食店などの業種で特典を提供することで、銀聯カード利用可能店舗の認知度向上と、売上拡大を図ります。

<キャンペーン概要>

・キャンペーン期間:2010年1月1日(金)~2010年4月30日(金)

・キャンペーン内容:

(1)中国各地発日本行きJAL運航便(*)を利用して来日する中国人のお客さま向けに、中国各地のJAL出発カウンターおよびJAL機内に冊子をご用意しております。(機内ではキャビンアテンダントにお申し付けください。)

(2)対象店舗にて、クーポン冊子を提示し、銀聯カードを利用もしくは提示した方に、各店舗オリジナルの特典を提供。

・特典内容 : オリジナルグッズプレゼント、飲食代金10%OFF等

今後とも両社は協力し、中国人観光客の利便性向上に努めるとともに、銀聯カードの更なる利用促進を目指してまいります。

以 上

(*)コードシェア便を除く、JAL運航便

 

<クーポン冊子>

   イメージ3     イメージ4イメージ5      

■中国銀聯とは

2002年に中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり政府主導で設立された、中国での銀行間決済ネットワーク運営会社です。中国を中心に香港、マカオなどの金融機関200以上が銀聯ネットワークに参加し、中国国内で発行されているほぼ全てのキャッシュカードに銀聯ブランドが付与されており、20億枚超発行されております。海外の銀行・カード会社とも積極的な提携を行い中国国外での銀聯カードの利用拡大を図っており、2004年5月の香港での利用開始を皮切りにマカオ、韓国、シンガポール、タイ、2005年12月には日本をはじめ米国、ドイツ、フランスと利用可能国を拡大しております。日本においては三井住友カードとの業務提携により百貨店、家電量販店等でも利用されており、加盟店数は15,000店舗(2009年11月時点)にまで広がっております。

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20091218.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。