このページの本文へ移動
サービス全般

JALグループ、2010年度地域活性化プロジェクトを開始!

10016

 

JALグループは20105月より、自治体とタイアップしながら観光需要の創出につなげていく地域活性化プロジェクトを展開します。第1弾はJALグループのダウンサイジング戦略の象徴的な機材・エンブラエル170型機の投入により羽田=関西線と羽田=南紀白浜線が増便となり、関東圏からますます行きやすくなる和歌山県とタイアップします。JALグループの機内誌、機内ビデオ、空港店舗などあらゆる機能を活用しながら和歌山県の魅力をご紹介し、またJALグループの営業・宣伝機能を活用しながら集中的な需要創出に努めます。また、インバウンド(訪日外国人)需要の創出と共に、日本各地への誘客にも努め、地域活性化につなげてまいります。

 

1.           ミシュラン・グリーンガイドと連携!外国人が見つけた日本各地の魅力をご紹介します。

 

1926年にフランスで発行され、以後世界中の旅行者に愛され、信頼され続けているミシュラン・グリーンガイド。JALグループの地域活性化プロジェクトはこのミシュラン・グリーンガイドを発行するミシュラングループの日本ミシュランタイヤ株式会社と連携して展開します。

機内誌では、ミシュラン・グリーンガイドで紹介された地域の魅力をさまざまな視点でご紹介します。機内ビデオでは、東京大学教授で日本文学の研究者でもあるロバートキャンベルさんがミシュラン・グリーンガイドを片手に番組のナビゲーターをつとめ、独自の視点で地域の魅力をご紹介いたします。またJALツアーズでは「ミシュラン・グリーンガイド」のコンテンツ提供によりツアーを企画し、WEB限定で販売いたしますのでご期待ください。

 

JGN10016_fig1.jpg 

  

2.       記念すべき第1弾は和歌山県とタイアップ!

 

1弾となる20105月は、和歌山県とタイアップいたします。世界文化遺産にも選ばれた熊野古道や高野山をはじめとする豊富な観光資源をご紹介し、和歌山県への観光需要創出と地域活性化に努めます。

 

5月号機内紙(国内線)  : 高野山の魅力をご紹介します。

5月機内ビデオ(国内線): 熊野三山、熊野古道の魅力をご紹介します。

 

 


 3. JALグループの各機能をフル活用して、日本各地の魅力紹介と観光需要の創出につなげます。

 

 (1) 機内紙・機内ビデオ・JALホームページで魅力をご紹介!

JALグループ機内紙(スカイワード)、JALグループ機内ビデオでタイアップする自治体の観光名所や特産品を紹介します。JALグループ国内線ご利用のお客さま月間約300万人のみならず、国際線ご利用の月間約80万人のお客さまに各地の魅力を紹介して観光需要の創出と、訪日観光のお客さまの各地への誘致につなげます。また機内媒体でご紹介した地域はJALホームページ国内旅行情報サイト「JAL旅したい。」の中でも特集を組んでご紹介します。

◆国内観光情報サイト、JAL「旅したい。」:   http://www.jal.co.jp/dom/index06.html

 

 (2) 機内食や空港ラウンジで、地域ならではの食の素材や特産品の魅力をリアル体験でご紹介!

タイアップする地域の食材や特産品を使用した食事を機内食メニューに取り入れ、JALグループ便をご利用のお客さまに地元の美味しさをお届けしながらリアル体験でご紹介します。農林水産省が展開する「FOOD ACTION NIPPON」とも連携し、日本各地の食材のすばらしさをJALグループの機内でご紹介しながら、日本の食料自給率向上にもつなげます。

 

 (3) 旅行会社などさまざまな企業との協業により、集中的に観光需要の創出に努めます!

旅行会社をはじめとする観光業界や異業種企業等とタイアップしたデスティネーションキャンペーンを展開し、観光需要喚起にとりくみます。またJALダイナミックパッケージでも当該地域へのお得なツアーを設定し、集中的な観光需要の創出に努めます。

◆「JALダイナミックパッケージ」:  http://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/

 

 (4) 各地空港の空港店舗BLUE SKYJALUXの通信販売でも特産品を販売!

タイアップする地域の食材や特産品を各地空港の空港店舗BLUE SKYで販売します。また年間約35万人のお客さまにご利用いただいているJALUX通信販売でも地域の特産品の魅力をご紹介して地域活性化につなげます。

 

 (5) JALマイレージバンク会員へのダイレクトマーケティングを展開!

20103月末時点で2286万人を超えたJALマイレージバンク会員の皆さまにはメールでお得な情報をお届けしています。このメールにも各観光地の魅力やツアー、特産品をご紹介しながら観光需要の創出と地域活性化につなげてまいります。

 

(ご注意)上記(1)(5)はタイアップする地域のご都合やJALの機内誌・機内ビデオなど媒体の事情、タイミングなどにより変更となることもあります。

 

 

4.       6月は徳島県とのタイアップ企画を展開します。

 

2010年度の地域活性化プロジェクト第2弾となる6月は徳島県とのタイアップを展開します。具体的な内容は準備整い次第、JALホームページ国内線観光情報サイト「旅したい。」でご紹介いたします。またJALとのタイアップによる地域活性化プロジェクトにご興味をお持ちの自治体の方は最寄りのJAL営業支店・営業所までお問い合わせください。

 

以上

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN10016.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。