このページの本文へ移動
サステナビリティ

JAL発、Time is eco!! 宣言

10090

 

~ 次世代にこの豊かな地球を伝えるため、ますますの定時性向上に努めます~

 

JALグループは、2010111日より1ヶ月間、「JAL発、Time is eco!!宣言。エコ・ボーディング・キャンペーン」を実施いたします。

JALグループは、2010414日付プレスリリースのとおり、Conducive Technology社が発行するFlightstatsにおいて、2009年の定時到着率で世界第1位の認定を受けました。航空会社にとって、定時性は基本品質のひとつであり、今年も引き続きその向上を目指して、全社を挙げて取り組んでいます。

定時運航の確保は、環境負荷軽減の面でも極めて大きな意味があります。「エコ・ファースト企業」であるJALグループは、「空のエコ」を推進する観点からも、このキャンペーンを通じて、更なる定時性向上を図ることとしました。

キャンペーン期間中には、社内での取り組み強化に加え、「Time is eco!!」を合言葉に、ポスターや機内誌Skyward、ウェブサイト等を通じて、広くお客さまに「定時運航=エコ」をお伝えし、定時出発のためにご搭乗口に早目にお越し頂けるよう、これまでにも増したご協力をお願いしてまいります。

航空機が定時に出発することにより、次の例のような環境上のメリットが見込まれます。

・補助動力装置(APU)の使用時間短縮により、余分なCO2の排出を防止

JALグループでは、地上駐機中には、極力地上電源を活用するよう努めていますが、出発準備のため、およそ出発10分前に小型のジェットエンジンであるAPUをスタートさせ、出発準備の完了を待つことになります。出発が予定時刻より1分遅れると、JALグループ全体*1では、1日あたり約5.3トンものCO2が余計に排出される計算となります。

*1JALグループの国内線・国際線の100席以上の便、1日あたり約900便の試算値

・適切なスピードでの運航により、余分なCO2の排出を防止

出発が予定時刻より遅れた場合でも、到着をできるだけ予定時刻に近づけるためには、スピードを上げて運航する必要があります。777767で、3分の遅れを取り戻すためにスピードを上げると、1便あたり約430kgものCO2が余計に排出される計算となります。

 

JALグループは、お客さまの利便性向上とともに、この豊かで美しい地球を次世代に伝えるためにも、定時性の益々の向上に取り組んでまいります。「JAL発、Time is eco!!宣言。」の詳細は、弊社ホームページ http://www.jal.com/happyeco/timeiseco/ 2010111日から掲載予定)をご覧下さい。

 

   以 上

 

添付:JAL発、Time is eco!! 宣言。」ポスター

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN10090.pdf

 

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。