このページの本文へ移動
他航空会社提携

JAL、独占禁止法適用除外を国土交通省に申請

~ JALとブリティッシュ・エアウェイズはフィンエアーとともに、お客さまの利便性の向上とさらなるサービスの拡大を目指します~

 

 

JALリティッシュ・エアウェイズと2012101日から開始している日本=欧州路線における共同事業に、フィンエアーを追加するため、独占禁止法の適用除外(英語:Antitrust Immunity、以下「ATI」)の申請を、国土交通省に対して行いました。

 

JALリティッシュ・エアウェイズは、これまで日本と欧州間の全ての直行便、および両社の直行便に接続する欧州域内・日本国内の路線で共同事業を展開し、お客さまの利便性向上に努めてまいりました。今般、JALとブリティッシュ・エアウェイズの共同事業にワンワールド・アライアンスのメンバーであるフィンエアーが加わることで、共同事業のより一層の強化を図ります。

 

ATI認可後、JAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、フィンエアーの3社はより緊密に連携することで、路線ネットワーク、商品、サービス品質等を飛躍的に向上させ、お客さまにより良いサービスのご提供を目指してまいります。

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20130701_共同リリース_JAL、独占禁止法適用除外を国土交通省に申請.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。