PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2013年10月30日

本日、カタール航空がワンワールド アライアンスに正式加盟

 本日、20131030日から、カタールのフラッグ・キャリアであるカタール航空(QR)がワンワールドアライアンスに正式に加盟し、昨日1029日にカタールの首都ドーハにて記念式典が開催されました。(いずれもカタール時間) 

 

 カタール航空は、イギリスに拠点を置く航空サービスリサーチ会社であるスカイトラックス社より2011年、2012年と2年連続で「エアライン・オブ・ザ・イヤー」第1位を受賞しており、高品質なサービスに定評がある航空会社です。そのカタール航空がワンワールド アライアンスに加わることにより、世界的なネットワークがより拡充し、グローバルアライアンスの競争力がより一層強化されることとなります。 

 

 

【ネットワークの拡充と競争力強化による利便性向上】

アジア、オーストラリア、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、中東地域の70カ国、130都市に就航しているカタール航空の加盟により、カタールの首都であるドーハが、ワンワールドアライアンスの拠点の一つとなります。 

 

ワンワールド アライアンスのネットワークにカタール航空が就航するエチオピア、イラン、ルワンダ、セルビア、タンザニアの5カ国、20都市以上が新たに加わります。これにより、ワンワールドのお客さまは、ドーハを経由して、アジア=南ヨーロッパ間、もしくはアジア=アフリカ間をワンストップでご利用いただくことができます。

ワンワールド アライアンスは、約3,300機の航空機により毎日約14,000便を運航し、年間約4.8億人のお客さまにご利用いただくこととなります。その収入は、約1,400億米ドル規模となります。 

 

 

【ビジット・ミドルイースト・パス運賃の設定】

カタール航空の加盟により、ワンワールド加盟航空会社からカタール航空便へ、スムーズに乗り継ぐことができるようになります。さらに、カタールを訪れるお客さまに、より充実した旅行をしていただけるよう「ビジット・ミドルイースト・パス運賃(中東周回旅行用運賃)」を設定しました。 

 

このビジット・パス運賃では、2013111日(金)より、カタール航空などが運航する12カ国、30都市へ、お得な割引運賃でご利用いただけ、ワンワールド加盟航空会社の国際線航空券ご購入の際に一緒にご予約、ご購入いただけます。なお、日本以外の国々から日本へのご旅行においては、同様に、「ワンワールド・YOKOSO(ビジット)・パス」や「ワンワールド・YOKOSO(ビジット)・東北パス」の設定があり、JALグループ航空会社を利用して、日本国内の50以上の都市への旅行が可能です。 

 

 

【カタール航空のワンワールド加盟記念ダブルマイルキャンペーン】

今後JALマイレージバンク会員のお客さまはカタール航空便ご搭乗時にもワンワールドアライアンスの特典やサービスをお楽しみいただけます。

また、カタール航空のプリビレッジクラブ会員の皆さまも、どのワンワールド加盟航空会社をご利用いただいても、ワンワールドアライアンスの特典やサービスをお楽しみいただけるようになります。

 

なお、カタール航空のワンワールド アライアンス正式加盟を記念して、JALマイレージ会員を含む加盟航空会社マイレージプログラム会員の皆さまがカタール航空便にご搭乗になられますと、通常のフライトマイルに加え、同数のボーナスマイルが積算される「ダブルマイルキャンペーン」を実施します。またプリビレッジクラブ会員の皆さまが加盟航空会社にご搭乗される際も同様に「ダブルマイルキャンペーン」を実施します。

対象期間は、20131115日(金)から2014131日(金)(*1220日~15日を除く、ご搭乗便出発日)です。 

 

JALマイレージバンク会員の皆さまがキャンペーンの参加をご希望される場合、本日以降、JALホームページから参加登録いただけます。

JALホームページ)

http://www.jal.co.jp/121campaign/qr_oneworld/

http://www.jal.co.jp/en/121campaign/qr_oneworld/ 

 

 ワンワールド・アライアンスは、今後もネットワークの強化により、お客さまによりよいサービスを提供してまいります。

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20131030_カタール航空がワンワールド アライアンスに正式加盟.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。