PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2014年01月29日

JALグループ、2014年3月30日~10月25日搭乗分「先得割引」「スーパー先得」を届出

13204  

 

JALグループの日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューターは、2014330日~1025日ご搭乗分「先得割引」「スーパー先得」の設定を決定し、本日、国土交通省へ届出しました。   

各運賃の設定の概要は以下のとおりです。  

 

1.「先得割引」「スーパー先得」の設定概要

ゴールデンウィーク、お盆期間を含め、1025日ご搭乗分までご予約いただけます。

またすべての期間において、ご予約と同時にご希望の座席をお選びいただけるようになりました。

ご旅行の折には、ますます便利で安心なJALグループの「先得」をご利用ください。  

 

(1) 予約開始日:  2014130()午前930  

 

(2) 設定期間      2014330()1025()ご搭乗分  

 

(3) 設定便・運賃・主なご利用条件・取消手数料:

                    JALホームページ http://www.jal.co.jp/dom/rates/ をご参照ください。

※座席指定できる席には限りがございます。

JALカード会員、JALマイレージバンク会員のお客さまについては、上記発売開始に先立ち、「JMB会員先行予約サービス」にて
事前にご希望便の予約を承ります。詳しくは http://www.jal.co.jp/dom/waribiki/jmb_pre/ をご参照ください。また今回より先行予約時に座席指定も承ります。

なお、上記ご予約分のうち、201471日~825日、826日~1025日搭乗分のご購入については、それぞれ下記日程にて承ります。

 

対象期間

ご購入開始日

201471日~825
ご搭乗分

326() 午前930

2014826日~1025
ご搭乗分

626() 午前930

(4) 購入期限 : 

ご予約日

先得割引タイプA

先得割引タイプB

スーパー先得

ご搭乗日の
2
カ月前の前日までの場合

ご搭乗日の2カ月前の同日プラス2日目まで

ご搭乗日の
2
カ月前の同日以降の場合

ご予約日を含め
3
日以内
(ご予約日が29日前、
28
日前の場合は
28
日前まで)

ご予約日を含め
3
日以内
(ご予約日が46日前、
45
日前の場合は
45
日前まで)

ご予約日を含め
3
日以内
(ご予約日が56日前、
55
日前の場合は
55
日前まで)


ご購入前の予約取り直しには取消手数料がかかりません。  

 

2.消費税率変更に伴う過渡期の取扱い

  ご搭乗日が201441日(火)以降であっても、2014331日(月)までのご購入分については経過措置により消費税率5%が適用となります。また41日(火)以降にご購入の場合は、消費税率8%が適用となります。よって、331日以前にご予約をいただいても、ご購入が41日以降となる場合は、消費税率8%を適用した運賃額となりますので、あらかじめご了承ください。  

 

例: 630日ご搭乗分の「スーパー先得」を320日に12,000円(5%)でご予約。

⇒ご購入が41日以降の場合は12,300円(8%)となります。
(消費税抜き運賃額に、消費税8%分を上乗せし端数処理した運賃額)

 

  なお、下記運賃の消費税率8%適用の運賃表は3月下旬に発表いたします。

「先得割引タイプA」 : 2014429日~825日ご搭乗分

「先得割引タイプB」 : 2014516日~825日ご搭乗分

「スーパー先得」   : 2014526日~825日ご搭乗分

826日ご搭乗分以降の「先得」につきましては、購入開始日が626日であるため、8%運賃表のみとなります 

 

◇東京(羽田)、名古屋(中部)、北九州発着路線は、航空券ご購入の際に「旅客施設使用料」を航空運賃とともに空港ビル会社に代わって申し受けます。

料金額(1区間あたり)   ( )は小児

331日搭乗分まで :羽田:170(80)、中部:300(150)、北九州100(50) 

41日以降搭乗分 :羽田:290(140)、中部:310(150)、北九州100円(50円)  

 

(別紙)

20140129_JGN13204_別紙_運賃表_.pdf

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20140129_JGN13204_国内運賃_表紙_.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。