このページの本文へ移動
サステナビリティ

JALグループ、Sedex社グローバル・メンバーシップに参加

(共同リリース)                               

  日本航空株式会社

Sedex Information Exchange Limited

2015416

リスクマネジメントを強化し、持続可能なサプライチェーンを構築します

 

JALグループは、Sedex Information Exchange Limited(本社:英国ロンドン、代表:Tom Smith、以下「Sedex社」)のグローバル・メンバーシップに参加します。(20155月中に運用開始予定)
Sedex社は、グローバルサプライチェーンにおける倫理的かつ責任あるビジネス慣行の促進を目的として、ロンドンを本拠地に活動するNPO団体です。世界各国の顧客とサプライヤーに対して、オンライン情報プラットフォームを通じて情報を共有するとともに、サプライヤーの問題点改善状況のモニターを通じて、倫理的な事業慣行の拡大に取り組んでいます
JALグループは、企業の社会的責任(CSR)の観点で、グループ内での人権・労働慣行・安全衛生・環境・公正な事業慣行への着実な対応のみならず、Sedex社の提供するCSR情報プラットフォームを活用し、まずは、機内食や機内提供品など、お客さまに直接関わる物品を提供いただいているサプライヤーとのさらなる相互理解および信頼関係を構築し、責任ある調達活動を進めていくこととしました
JALグループは、Sedex社との連携の下、サプライチェーンのリスクマネジメントを強化するとともに、持続可能なサプライチェーンの構築を通じて、社会のサステナビリティに貢献してまいります

 サステナビリティ:人間活動が、将来にわたって持続可能かという概念。経済と環境・社会面を両立させることが必要とされる。

20150416_SEDEX_fig1.jpg

Sedex Information Exchange Limited (Sedex) 概要>

・ 本社:ロンドン 支社:上海、ニューヨーク www.sedexglobal.com

2004年に創立されたNPO。サプライチェーンのオンラインCSR情報、プラットフォームを有し、会員であるバイヤーとサプライヤー間でのCSR情報の共有を可能とする。(現会員数 38,000社)

・ 労働基準・健康と安全・環境・ビジネス慣行の4つの観点などからサプライヤーにおけるリスクを評価・管理する。

・ ロンドン五輪に引き続き、リオデジャネイロ五輪のサプライヤー評価を担当。

・ 広報代表(ロンドン) :Mark Robertson, Head of Communications

電話 +44 (0)20 7902 2328  メールアドレス mark.robertson@sedexglobal.com


*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20150416_共同リリース_JALグループ、Sedex社 グローバル・メンバーシップに参加.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。