PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年02月20日
  • 第17146号

地域紹介シリーズ、1~3月は「中国・四国地方」を特集

~ 観光振興と農林水産物のブランド化に磨きをかけ、地域と一緒に地域を元気に ~

 

2017年4月以降の地域プロモーション活動は、これまでの単月の紹介から、より広い地域を、より長い期間特集する「地域紹介シリーズ」に生まれ変わり、3カ月間、集中してその地域のすばらしさ、魅力をお伝えしています。 新しい年を迎えた2018年最初(1~3月)の特集地域は「中国・四国地方」です。
 JALは、これからも航空輸送事業を通じて交流人口の創出、産業振興などの地域活性化に継続的に
取り組むことにより、社会のお役に立てるよう努めてまいります。

~ 地域紹介シリーズ 1月~3月は「中国・四国地方」 ~ 
 URL http://www.jal.co.jp/japan/chiiki/

1.機内誌「SKYWARD3月号」(日本語記事) にて島根県「隠岐諸島」を紹介

日本語記事では、「隠岐諸島 周遊の旅」と題して、地形地質の特異性や独自の生態系が認められユネスコ世界ジオパークとして認定されている隠岐諸島の島後(どうご、隠岐の島町)、島前(どうぜん、海士(あま)町・西ノ島町・知夫(ちぶ)村)の4島に暮らす人々と自然、歴史と豊かな食の恵みを紹介します。

  • 20180220_JP_fig1.jpg

     

  • 20180220_JP_fig2.jpg

    機内誌特集記事(イメージ)

2. 機内誌「SKYWARD3月号」(英語記事)では鳥取県を紹介
英文記事では鳥取砂丘の自然や景観、ファットバイクやサンドボードなどのアクティビティを紹介します。また、生涯のほとんどを鳥取で過ごした写真家、植田正治氏の作品を所蔵した、大山の麓にある植田正治写真美術館、カニの水揚げ高日本一を誇る境港を巡り、海と山とを抱くこの土地の魅力の多彩さを紹介します。

  • 20180220_JP_fig3.jpg

     

  • 20180220_JP_fig4.jpg

    機内誌特集英文記事(イメージ)

3. 機内ビデオでは島根県松江市を中心に紹介
 機内ビデオ(*1)ではお笑いコンビ「パックンマックン」が、その土地ならではのお薦めスポットやグルメを紹介するオリジナル番組「パックンマックンのなるほど日本!旅サーチ」を放映します。今回は、島根県・松江市を中心に紹介します。大名茶人として名高い松平家7代藩主の松平治郷、別名『不昧公(ふまいこう)』の人となりを紹介するとともに、ゆかりの地を旅サーチします。
(*1) 国内線は3月に所要時間が80分以上の上り便(偶数便)にて放映。国際線は4~5月の機内ビデオチャンネルに追加。

  • 20180220_JP_fig5.jpg

     

4.  国内線ファーストクラスにて島根県の「マリンポートホテル海士(あま)」プロデュースによる夕食を提供
3月の国内線ファーストクラスの夕食(*2)は、島根県隠岐諸島の一つ海士町にある「マリンポートホテル海士」監修の機内食を提供します。「3月に島で採れる旬の食材で作り上げました。」そう語るのは今回の機内食を考案し佐藤岳央(さとう たけお)氏。地元の生産者による食材を活かした食事作りと地域との関りを大切にしている佐藤氏によるメニューが出来上がりました。それぞれ「海」、「山」、「洋」をコンセプトに考案されたメニューには地元の食材をふんだんに使用しています。「海」の食事では「栄螺(さざえ)酒蒸し 岩海苔餡掛け」や「白烏賊 隠岐の酒粕 こじょうゆ味噌掛け」、「山」のお食事では「海士の山椒塩」を添えた「隠岐牛ローストビーフ キウイつめたれ掛け」、「洋」のお食事には梅豆乳ソースが香る「鯛のかぶら蒸し」や「鯵のみかん南蛮酢漬け」、デザートに「ふくぎ花茶のゼリー寄せ」など、それぞれのコンセプトの食事に地元の食材を豊富に取り入れました。島の生産者の方々の想いと豊富な自然の中で育まれた食材が詰まったお食事をお楽しみいただけます。
(*2) 17:00以降の出発便対象。沖縄便は18:00以降の到着便で提供。上旬・中旬・下旬でそれぞれのメニューを用意。

  • 20180220_JP_fig6.jpg

    「マリンポートホテル海士」

  • 20180220_JP_fig7.jpg

    機内食(羽田発中旬、羽田着上旬のメニュー)

  • 20180220_JP_fig8.jpg

    「出雲富士 純米大吟醸 天の叢雲(むらくも)」

 

《日本酒》
●出雲富士 純米大吟醸 天の叢雲 (島根県 富士酒造合資会社)
出雲杜氏による手造りの伝統を重んじ、和釜による蒸し米、箱麹法による麹、木槽(きぶね)による搾りなど昔ながらの設備で、長年の経験を活かし次世代に向けた酒造りを行っています。
本商品はスサノオノミコトの御魂が鎮まられる須佐神社のある出雲市佐田町で特別栽培された山田錦を35%まで磨いて使用し、上品で華やかな香りとキメの細かい味わいの純米大吟醸です。

《お米》
●海士(あま)町産コシヒカリ
奈良時代から「御食つ國(みけつくに)」として海産物などの食材の宝庫として知られてきた海士町で
は、湧水に恵まれた環境で米づくりも古くから行われ、島の文化の形成にも大きな役割を果たしてい
ます。離島という地域性により稲の病気や害虫の発生が比較的少ないため従来農薬の使用を抑え
た米づくりができることが特徴です。炊きあがりの香りが良く、冷めてもお米の甘さがしっかり残るた 
めおにぎりにも適しています。

《夕食茶菓》
●「松江からころ橋」菓子老舗 桂月堂(島根県/菓子老舗 桂月堂)
こしあんを求肥で包み、胡麻が香ばしい柔らかな煎餅で挟んだお菓子です。
作家、小泉八雲が松江大橋を下駄履きでカラコロと渡っていた逸話をお菓子で表現しました。
(上旬:羽田発、中旬:羽田着、下旬:羽田発で提供)

また、昼食時間帯(*3)の国内線ファーストクラスにて、中国・四国地方の銘菓を提供します。
「御菓子所 平安堂梅坪」(広島県)の「キャラメルもみじ」(羽田着便で提供)
(*3) 昼食時間帯10:30~16:59

  • 20180220_JP_fig9.jpg

    「松江かろころ橋]

  • 20180220_JP_fig10.jpg

    「キャラメルもみじ」

5. 中国・四国地方の魅力を随所で紹介
【JAL機内誌「SKYWARD」 3月号】
広域エリア特集「日本めぐり」の1月~3月は「お遍路グルメ紀行」と題して紹介しています。
3月はお遍路のゴールとなる八十八番札所がある香川県・大窪寺の門前で、心願成就を果たした旅人を優しく労うあつあつのうどんをご紹介します。

6. マイレージやツアーで中国・四国地方を盛り上げます
【隠岐、出雲 発着路線 搭乗キャンペーン】
隠岐、出雲発着のJALグループ便に対象運賃でご搭乗のお客さまに、抽選でボーナスマイルが当たるキャンペーンを実施します。
① 期間 : 2018年3月1日~5月31日(搭乗日)
② 対象路線  : JALグループ国内線 隠岐、出雲 発着全路線
③ 対象運賃 : フライトマイル積算対象の全運賃
④ 内容  : 対象期間中、専用サイトよりお申し込みのうえ、対象路線・運賃にて利用された方に、抽選で1,000マイルを100名様にプレゼントまたは、JALマイレージバンク 「温泉マイル」提携「玉造グランドホテル長生閣 」のご宿泊券(1泊2食付き)を抽選で1組2名様にプレゼントします。 

玉造グランドホテル長生閣
島根県/玉造温泉
奈良時代開湯の古湯を受け継いで「お湯ひとすじ」に200年の宿。自慢の大浴場のなかで、とくに人気を集めるのが、玉造特産の「めのう」の石を敷き詰めた日本唯一の「めのう風呂」。開放的な露天風呂と広々とした内湯も名宿の貫禄を感じる。

https://onsen.jal.co.jp/shimane/sp344/

  • 20180220_JP_fig11.jpg

     

【マイレージバンク特典交換「とっておきの逸品」で島根県の特産品に交換可能】
JALと三越が共同で企画・運営する「JALとっておきの逸品」では、お持ちのマイルを日本や世界の美食の品々に特典として交換いただけます。
期間限定特集として島根県の特産品、名物をご用意しました。
(オリジナルセレクトのため三越の店頭ではお取り扱いしておりません。)
特典交換期間 : 2018年3月1日~5月31日(お申込日)
商品内容    : 島根県石見産 こしひかり
のどぐろ美味漬け(写真画像)
必要マイル数 : 各10,000マイル

搭乗キャンペーン・「JALとっておきの逸品」限定商品の詳細
URL: http://www.jal.co.jp/jmb/japan/2018/okiizumo/

  • 20180220_JP_fig12.jpg

     

【JALパックおすすめツアー】 
JALパックでは、2018年4月から10月までお得に四国を楽しめるプランを販売しています。
1日500円の「レンタカー」や、食事や観光に使える「パワーアップクーポン」は四国4県をアクティブに
周遊したり、温泉やグルメをほっこり楽しむのにとっても便利です。さらに、JALダイナミックパッケージでは4月から7月限定で1組6,000円の割引もあります。

URL:https://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/shikoku/
(3月上旬よりサイトオープン予定)

7.羽田空港国内線ダイヤモンドプレミアラウンジで、鳥取県のお茶を紹介

 ・朝の雫(濃い煎茶)     〔井上青輝園〕

鳥取県大山の豊かな自然環境で栽培された茶葉を使用し、手間ひまかけてこだわりをもって製造されたお茶です。(提供個数には限りがあります。)

  • 20180220_JP_fig14.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。