PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年03月19日

日本航空とトラベルポート、合弁会社設立に向けて基本合意

アクセス国際ネットワークの日本でのノウハウとトラベルポートの先進テクノロジーを融合 日本で「アクセス・トラベルポート」ブランドを展開

 

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下、「JAL」)とトラベルポート (本社:英国ラングレー、最高経営責任者兼社長:ゴードン・ウィルソン) は、JALの100%子会社である株式会社アクセス国際ネットワーク(以下、「AXS」)とトラベルポートの100%子会社であるトラベルポートジャパン株式会社(以下、「TVPJ」)の株式を100%保有する合弁会社を設立することで合意しました。合弁会社は、「アクセス・トラベルポート」の統一ブランドを用いて、日本において旅行業向け予約システム(グローバル・ディストリビューション・システム、以下、「GDS」(*1))の運営を開始する予定です。
(*1) Global Distribution Systemの頭文字をとってGDSと称される、主に航空座席の予約・発券、その他ホテルやレンタカーなどの旅行商材を取り扱える、オンライン旅行会社や業務渡航に特化した旅行会社を含む、旅行会社(プロ)向けの予約システム

  • 新ロゴ.png

     

旅行会社のみなさまは、AXSが展開するGDS「アクセス」、TVPJが展開するGDS「アポロ」「ガリレオ」を従来通りご利用いただけます。さらに、「アクセス・トラベルポート」の統一ブランドのもと、AXSが日本で培ってきたノウハウとトラベルポートの先進テクノロジーを融合することで、「アクセス」端末から「アポロ」や「ガリレオ」の操作が可能となり、グローバルに展開する企業向け予約・精算管理ツールとの連携や、ニュー・ディストリビューション・ケイパビリティ(以下、「NDC」 )(*2)を経由した予約取り扱いに対応するなど、旅行会社のみなさまに対し、これまで以上にグローバルな機能を提供します。
(*2)IATA(国際航空運送協会)が定めた航空券に関する多様な情報を扱うための最新通信「規格」。差別化できる商品やタイムリーな商品展開、あるいはリッチな情報コンテンツへのアクセスなどを、これまでにない高い自由度でやり取りできることで、従来の業務渡航者やレジャー旅行者への販売方法を劇的に変化させる可能性がある。

 トラベルポートは技術協力契約(*3)のもと、AXSの基幹システムを2012年以降提供しており 、JALとも緊密な信頼関係を築いてきました。今回の合意により、JALは旅行会社重視の姿勢を取るトラベルポートと協力して、より一層旅行会社のみなさまとの連携を図ってまいります。一方、トラベルポートは、堅実な成長を見せる日本の旅行業界において、さらに強固な基盤を築いてまいります。「アクセス・トラベルポート」は、日本の旅行会社のニーズに精通したスタッフと共に、両社の持つ強みを最大限に活かし、旅行会社のみなさまに幅広いサービスを提供することで、GDSの分野でリーディング・カンパニーになることを目指します。
(*3) 2012年以来、トラベルポートがシステムのホスト機能を提供、また旅行会社に展開する商品の技術面をサポートしている

なお、合弁会社に関しては過半の株式はトラベルポートが保有しますが、運営についてはJALも積極的な関与をしてまいります。JALとトラベルポートによる正式な契約締結後、合弁会社を2019年6月1日に設立する予定です。またAXSおよびTVPJは、当面はそれぞれ独立した法人として継続しますが、2法人の統合作業を本年後半に開始する予定です。

  • 構成図.png

     

【会社概要】
◆トラベルポート (www.travelport.com)
トラベルポート(NYSE:TVPT)は、旅行の販売、購入、旅行体験の向上を常に追求するテクノロジー企業です。世界の旅行・観光業界に向けて流通、技術、決済などのソリューションを提供するトラベル・コマース・プラットフォームを有しています。B2B(企業間取引)旅行市場において、世界の主要な旅行プロバイダーとオンラインおよびオフラインの旅行業者を結びつけ、旅行業取引を促進します。

◆アクセス国際ネットワーク
アクセス国際ネットワークは、1991年に日本航空から分社独立し、旅行会社向けにコンピューター予約システムを提供しています。旅行会社に対し広範な国際線航空便の予約発券機能を提供。2012年からはトラベルポートとの提携を開始し、米国アトランタにあるトラベルポートのデータセンターにおけるホスト機能を利用しています。

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。