PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年07月26日

JAL×滴滴出行 2019年夏に共同プロジェクトをスタート

~日本・中国双方での国内移動をよりスムーズに~

 
  • JALロゴ.png

     

  • DiDiロゴ.png

     

2019年7月26日
日本航空株式会社
滴滴出行

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)と、中国で卓越したワンストップ移動プラットフォームを展開する滴滴出行(ディディチューシン)(本社:中国北京市、CEO:程維氏、以下「DiDi」)は、中国、日本双方で、タイムリーかつストレスフリーな移動を可能にする新たなサービスの提供に向けた共同プロジェクトに取り組みます。
JALは、将来の成長戦略として策定した「JAL Vision」の中で「新たな需要の獲得」を掲げ、「JALの強みを海外でも活かし、海外からのお客さまのご利用を促進する」取り組みを強化しています。
DiDiは中国をはじめ世界中で5.5億人が利用するDiDiアプリ(*1)を通じて、幅広い交通手段を提供する世界最大級の交通プラットフォームを展開しています。日本ではソフトバンク株式会社との合弁会社であるDiDiモビリティジャパン株式会社が、高品質な日本のタクシー配車サービスを日本各地に展開しています。
このたび、両社のプロジェクト第1弾として、JALの中国発海外行きビジネスクラス航空券をご購入のお客さまに、「JAL×DiDi 空港送迎・タクシー配車 提携キャンペーン」を展開します。

(*1)  AI(人工知能)を活用した高度な分析・予測テクノロジーで、タクシー配車の最適化を実現。アプリ内決済や、ドラ イバーとのメッセージのやりとりも可能。中国版アプリは中国・日本両方で利用可能。

  • DiDi①.png

     

中国国内では北京、上海、広州の各空港でDiDiの最高級配車サービス「DiDi LUXE」で送迎サービスを提供し、日本国内ではJAL専用割引クーポンを設定し、タクシーでの移動をサポートします。

今後もJALとDiDiは、日本・中国双方で継続的なプロモーションを展開し、お客さまに新しい移動体験の提供に向けてチャレンジを続けてまいります。

【キャンペーン概要】

■名称 :JAL×DiDi 空港送迎・タクシー配車 提携キャンペーン
■受付期間 :2019年8月15日(木)~10月28日(月)
■実施期間 :2019年9月1日(日)~10月31日(木)
■対象路線 :【北京発】成田、羽田
                        【上海(浦東・虹橋)発】成田、羽田、関西、中部
                         【広州発】羽田 
       ※他社(MU/CZ)共同運航便は対象外
■実施内容 :JAL運航便の中国発海外行きビジネスクラス航空券をご購入のお客さまに「DiDiア プリ」で最高級の配車サービス「DiDi LUXE」(*2)を利用できるクーポンをプレゼント。
(第1区間は中国発とする)
(予約クラスI(前売り21運賃)及び特典航空券は対象外。航空券番号は131から始まるもののみ対象)
(キャンペーン期間中は概要に記載されている条件を満たせば都度利用可能)
(*2) 2017年5月にサービス開始以降、北京、上海、広州、深セン、杭州をはじめ続々と中国国内の主要都市で快適な車内環境、同社が認証した運転手の高い運転技術と上質な接客サービスを提供。

クーポン①:北京・上海・広州市内⇔各空港送迎クーポンを1枚提供します。
(送迎車種:DiDi最高ランク(メルセデスベンツ・BMW・アウディなど)が基本)
(復路空港到着時に運転手のお出迎えサービスあり)

クーポン②:日本国内で利用できる割引クーポン(最大1,000円引き)を4枚提供します。
(日本国内はDiDi提携タクシー会社のタクシーのご利用となります。)

  • クーポン①.png

     

  • クーポン②.png

     

■申込方法
①DiDi予約センターにお電話にてお申し込みいただきます。(申込締切:出発3日前まで)
  (※DiDi予約センター連絡先:+4000-111-800 中国語のみ)
②対象のお客さまのDiDiアプリアカウント宛に、出発日3日以内にクーポンを送付します。

※詳しくは下記URLをご確認ください (8月初旬ごろオープン)
http://www.cn.jal.co.jp/cnl/zhcn/campaign/didi/

以上

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。