PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年07月29日
  • 第19048号

JAL、成田=ウラジオストク線を開設

~極東ロシアの地に、JALの翼が降り立ちます~

 

JALは、成田=ウラジオストク線を新規開設することを決定しました。2020年度夏期ダイヤより、毎日運航します。日本の航空会社としては初めて極東ロシアの都市・ウラジオストクへ乗り入れることとなり、JALのロシア路線としては2路線目となります。
さらにJALの路線ネットワークでは、ワンワールドパートナーであるS7航空のロシア国内線ネットワークを通じ、極東ロシア・シベリア方面にも接続が可能です。

ウラジオストクはロシア極東最大の港湾都市であり、東京から2時間半の距離にありながら異国情緒漂う街並みが続く「日本から最も近いヨーロッパ」で、豊かな自然と新鮮な魚介類を堪能することができます。シベリア鉄道の始発駅をはじめとする歴史ある洋風建築や、世界三大バレエ団に数えられる「マリインスキー・バレエ」の劇場など、魅力ある観光資源も豊富で、まさに「歴史・芸術・食・文化」に富む、魅力あふれる都市です。
また、ウラジオストクを含むロシア沿海地方では2017年8月から電子ビザが導入され、日本人のビザ取得が容易になったことで、新たな旅行先として注目されています。

JALはこれまで、日本・ロシア両国の懸け橋として、東京=モスクワ線を約50年間運航し続けてまいりました。これからも、日本とロシアを結ぶ路線ネットワークを拡充することで、両国間の交流・発展に努めてまいります。

※当計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。

  • SKDL.jpg

     

・夏ダイヤ期間中は毎日運航。冬ダイヤについては別途お知らせいたします。
・具体的な運航開始日や航空券の予約・販売開始日については、確定次第ご案内いたします。
・現在も成田=ウラジオストク線についてはS7航空の運航便でコードシェアを実施しています。

■JALロシアネットワーク(イメージ)

  • map rvs2.jpg

■ウラジオストク(イメージ)

  • fig1.JPG

     

  • fig2.jpeg

     

  • fig3rvs.JPG
  • fig4rvs.jpg
 
  • fig5rvs.JPG

     

  • fig6rvs.jpg

     

  • fig7.JPG

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。