PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年09月20日

「令和元年台風15号」で被災された方々への支援実施について

(広報メモ)

9月7日から9日にかけて関東地方を直撃した台風15号の影響により、千葉県を中心に、家屋の損壊、大規模な停電、断水などの甚大な被害が発生しています。
JALは、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げるとともに、被災状況をふまえ、下記のとおり支援を実施させていただくこととしました。
一日も早い復旧、そして復興を心よりお祈り申し上げます。

1. 義援金の寄付
千葉県に500万円を寄付します。
*義援金は、千葉県、社会福祉法人 千葉県共同募金会、日本赤十字社千葉県支部などで構成される
  義援金配分委員会を通じて、その全額が被災された方々に渡されます。

2. 見舞金の寄付
成田空港近郊に所在する以下の9市町に寄付します。
成田市、芝山町、多古町、横芝光町、山武市、香取市、富里市、神崎町、栄町

3. JALチャリティ・マイルによる寄付の募集
JALマイレージバンク会員の皆さまへマイルの寄付を呼びかけ、寄せられたマイル寄付相当額を「社会福祉法人 千葉県共同募金会」へ寄付します。

・受付期間 : 2019年9月24日(火)17:00~10月31日(木)23:59 (日本時間)
・受付内容 : 500マイル(500円に相当)を1口とするマイルの寄付
・受付方法 : JAL WEBサイトにおいて、1口(500マイル)単位の寄付を受け付けます。
URLは以下のとおりです。
http://www.jal.co.jp/jalmile/use/charity/2019/typhoon15/

4. JALグループ社員による募金
JALグループとして寄付金を募り、支援金として「社会福祉法人 中央共同募金会」へ寄付し、被災地で活動するボランティアグループ・NPO団体の支援に役立てていただきます。

「台風15号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金(災害ボラサポ・台風15号)」
URL:https://www.akaihane.or.jp/saigai-news/vorasapo/6618/

なお、JALグループでは、台風通過直後から、以下の活動に取り組んでまいりました。
(1) 成田空港近郊に所在する9市町への以下の物資の提供
   ・カップ麺類約6,000食、簡易フォークおよびナイフ20,000セット、紙コップ1,000個など
(2) 防除雪氷車を活用したお風呂への給湯
   ・横芝光町(1カ所)、多古町(3カ所)の特別養護老人施設など
(3) 当社車両によるブルーシートの輸送
   ・ブルーシート700枚:茨城県稲敷市から横芝光町役場まで
   ・ブルーシート約400枚:芝山町から鋸南町、南房総市まで

(4)市町災害支援本部への人的支援
   ・9月15日以降、支援要請のあった3市町支援本部へ本日までに延べ36名を派遣。
   ・現時点では9月24日までの間、毎日3名の派遣を継続予定。

以上

(参考)

  • 給水車.jpg

    防除雪氷車

  • 給水.jpg

    防除雪氷車を活用したお風呂への給湯

  • ブルーシート.png

    横芝光町へのブルーシートの輸送

  • 給水支援.png

    多古町での給水支援のお手伝い

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。