PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2020年02月06日

新型コロナウイルス関連肺炎の影響に伴う国際線の一部運休・減便・小型化について(Rev.1)

中華人民共和国湖北省武漢市において発生した新型コロナウイルス関連肺炎の影響により、一部の路線において航空需要の減少傾向が見られております。加えて、一部の国において、一定期間内に中国滞在歴がある方の入国を制限する動きも見られております。本入国制限に伴い、中国に滞在をした運航・客室乗務員が日本・中国以外へ入国ができず、運航便の維持に支障が出る可能性がございます。

これらの状況などを踏まえ、2020年2月17日(月)~3月28日(土)の期間、国際線の一部運休・減便・小型化を実施いたします。また、2月6日(木)~2月17日(月)の期間、JL020便(北京-羽田線)、ならびにJL860便(北京-成田線)、JL872便(上海(浦東)-成田線)(※これら3便は、北京・上海(浦東)に夜間駐機し、翌朝に現地を出発する便)を減便します。

詳細については以下のとおりです。なお、今後も予約状況などを踏まえ一部の便の運休などを検討します。

■減便(2月6日~2月17日)

  • Table追加分.png

     

■変更路線一覧(2月17日~3月28日) 

  • Table_Feb04.png

     

(*1) 月・水・金・日曜運航。   (*2) 2月18日~3月29日まで減便、運休。

※ 機材別座席数
763(ボーイング767-300ER/227席)、788(ボーイング787-8型機/206席)、772(ボーイング777-200ER/312席)、789(ボーイング787-9型機/203席)、738(ボーイング737-800型機/144席)

以上

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。