このページの本文へ移動
機材・ダイヤ

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の対応について(Rev.20)

新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う環境変化への対応として、2020年12月~2021年1月における韓国・ハワイ・グアム線の路線便数計画の決定および一部路線の運航計画を変更しました。
各国の出入国制限や検疫体制、需要動向などを見極めながら、今後も運航計画の見直しを検討してまいります。また、空港・機内においてお客さまと共に常に衛生的で清潔な環境を作り、安心いただける空の旅を提供いたします。

【主なトピックス】 ※=は往復、-は片道を表します。
・シカゴ・ダラス線に加えてニューヨーク・ロサンゼルス線においても、羽田=ニューヨーク線・ロサンゼルス線を増便し、成田とあわせて毎日運航します。
・ バンコク-羽田線、ハノイ-成田線を増便します。また、羽田=台北(松山)線を増便し、成田とあわせて毎日運航します。
・ モスクワ線、デリー線の臨時便を設定します。また、12月にロンドン-関西線の臨時便を設定します。
・ 羽田=ホノルル線、成田=グアム線に臨時便を設定します。
※スケジュール詳細は別添資料をご参照ください。

■2020年12月1日(火)~12月31日(木)の路線便数計画
網掛け部分が今回発表路線の該当箇所、()内の数字は前回発表分からの変更内容です。

fig1.jpg


■2021年1月1日(金)~1月31日(日)の路線便数計画
網掛け部分が今回発表路線の該当箇所、()内の数字は前回発表分からの変更内容です。

fig2.jpg

<対象路線数・便数について>
【今回発表分(2020年12月1日~2021年1月31日)】    減便:8路線、1,710便 増便:12路線、121便
【冬期ダイヤ期間(2020年10月25日~2021年1月31日)】 減便:60路線、12,723便

fig3.jpg

以上

※今後の最新情報についてはJAL Webサイト
 (https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200511/index.html#inter)をご参照ください。 

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。