このページの本文へ移動
機材・ダイヤ

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の対応について(Rev.22)

新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う環境変化への対応として、日本に帰任されるお客さまの需要にお応えするため、12月にダラス発中部行きの臨時便の運航を決定しました。また、ハノイ線、ハワイ線臨時便の増便を決定しました。

各国の出入国制限や検疫体制、需要動向などを見極めながら、今後も運航計画の見直しを検討してまいります。また、空港・機内においてお客さまと共に常に衛生的で清潔な環境を作り、安心いただける空の旅を提供いたします。

※以下のスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。

■ ダラス-中部線の臨時便設定について (追加便数:2便)
北米から中部地区への帰任、一時帰国のお客さまの需要にお応えするため、以下臨時便を運航します。

fig1.jpg

※航空券は11月16日(月)(日本時間)より販売を開始しています。

■ ハノイ-成田線の増便について (追加便数:8便)
旺盛なハノイ発需要にお応えするため、以下のとおり増便します。

fig2.jpg

※増便分の航空券は11月17日(火)(日本時間)より販売を開始しています。

■ ホノルル線臨時便の設定について (追加便数:22便)
12月~1月のホノルル線は臨時便の運航を決定しておりましたが、年末年始の需要にお応えするため羽田=ホノルル線の臨時便を増便します。また、貨物を含めた需要動向をふまえ、成田=ホノルル線の臨時便を設定します。
※羽田=ホノルル線は、下線部が今回追加分の日程。

fig3.jpg

※羽田=ホノルル線の増便分、および、成田=ホノルル線の販売開始は11 月18 日(水)日本時間12時を予定しています。

現在、ハワイでは到着後 14 日間の自主隔離が義務付けられており、これに違反すると罰金刑や禁固刑が課せられます。ただし、出発前72時間以内にハワイ州指定医療機関で発行された新型コロナウイルスの陰性証明書を取得することで、ハワイでの自主隔離が免除となる事前検査プログラムが導入されています。日本の指定医療機関でも陰性証明書が取得可能です。詳細につきましては、ハワイ州のホームページをご確認ください。 
加えて、2020年9 月1 日以降、ハワイ州に対し、連絡先・滞在先・旅程・健康状態などの情報をセーフ・トラベルズ・アプリケーションにて事前オンライン申請することがすべてのお客さまに義務付けられております。詳細は、以下のURLをご確認ください。
■ハワイ州ホームページ:https://hawaiicovid19.com/ 
(参考)日本の指定医療機関一覧:https://hawaiicovid19.com/travel-partners/ 
■セーフ・トラベルズ・アプリケーション(Safe Travels Application):https://travel.hawaii.gov 
■ハワイ州観光局ホームページ(日本語):https://www.allhawaii.jp/covid19/

   以上

※今後の最新情報についてはJAL Webサイト
 (https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200511/index.html#inter)をご参照ください。 

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。