このページの本文へ移動
サービス全般

北海道宝島旅行社とJALグループは、包括連携を開始します

~北海道の大自然・異文化体験・食などの豊富な資源を活かした新しい旅を世界へ提案します~

JALロゴ.png
北海道宝島社ロゴ.png
JALPAKロゴ 大.jpg

(共同リリース)

Fig1.png
Fig2.png
Fig3.png

株式会社北海道宝島旅行社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:鈴木 宏一郎、以下「宝島旅行社」)と日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)、株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江利川 宗光)は、2021年9月、アジアで初めての開催となる、北海道での「アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット(略称:ATWS)2021」を契機に、道内の国立公園、広大な大自然、そこに住む人々が織りなす文化、基幹産業である農林水産業がもたらす食や景観など、多彩で魅力的な地域資源(環境保全)を活かした持続可能な観光地域づくり(SDGs)を目的に、ポストコロナのインバウンド市場に向けた商品開発・販売について包括契約を締結します。

新たに共同開発するアドベンチャーツーリズム旅行商品(*1)は、北海道の魅力を知り尽くした北海道宝島旅行社のスタッフとともに、日本航空の地域送客プラットフォーム「訪日ダイナミックパッケージ(JAL Vacations)(*2)」にて、世界中のお客さまに向け、販売を開始し、多様化するお客さまのニーズに応えてまいります。(販売開始時期未定)

また北海道の地域活性化に取り組む札幌在住のJAL客室乗務員「JALふるさとアンバサダー」が、実際に現地に赴き、客室乗務員ならではの知見と審美眼を活かした旅行商品の企画や商品プロモーションに積極的に参加します。

加えて「北海道(地域)の魅力=北海道の宝」を国内外に積極的に情報発信することを主眼に、観光のみならず地域の自然環境や基幹産業の発展に貢献するための「北海道・宝結(たからむすび)プロジェクト」も併せて開始します。(以下参考資料参照)

(*1)アドベンチャーツーリズム:欧米で人気の滞在型体験観光(アウトドア活動や地域に根付いた異文化体験に加え、希少な自然環境を組み合わせた欧米富裕層に支持されている旅行)
(*2)現在アメリカ、カナダ、オーストラリア、東南アジア(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム)、東アジア各国で展開中、今後展開拡大予定

以上

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。