このページの本文へ移動
サービス全般

「おやこで楽しく!!リモート社会科見学」 JAL・ジェットスターで共同開催

大迫力の機体整備や出発準備の映像を、整備担当者が生解説!

JAL&JJPロゴ.png

(共同リリース)

2021年6月10日
日本航空株式会社
ジェットスター・ジャパン株式会社

 

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)とジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:片岡優、以下「ジェットスター」)は、「おやこで楽しく!!リモート社会科見学」と題して、日本マイクロソフト株式会社(以下「日本マイクロソフト」)の技術協力の下、普段見ることができない両社の機体整備や出発準備の様子を、6月20日(日)11時より無料配信します。

リモート社会科見学ロゴ画像_R1.png
イメージ写真.png
<ご覧いただく映像イメージ>

新型コロナウイルス感染症が収束しないなか、JALとジェットスターは、「今できること」を考え、ご家族一緒に自宅で楽しく見て学べる「リモート社会科見学」を共同開催します。
JALでは昨年、羽田整備工場での「リモート社会科見学」を開催し、約13,000名の方にご視聴いただきました。今回はJALグループのパートナーであるジェットスターとともに、事前収録した成田整備場での機体整備や出発準備の様子を、整備やグランドハンドリングの担当者が解説し、皆さまからのご質問にライブでお答えします。また、飛行機のイラストが描かれた「見学ワークシート」を特設サイト上にご用意しますので、事前に印刷し映像を見ながらワークシートに書き込むことで、飛行機にまつわる知識を理解しながら参加できます。

配信方法について、日本マイクロソフトの「Microsoft Teams ライブイベント」を活用します。全国各地の未就学児を含むお子さまやご家族などを対象に最大20,000名までご参加いただけます。なお、今回の配信を記念してプレゼントキャンペーンを実施します。

JALとジェットスターは、最新テクノロジーにより自宅で楽しく学べる社会科見学という新たな体験価値を提供することで、両社の活動を広く紹介し、子ども達の明るい未来を創造し、こころ豊かな社会の実現に貢献します。また両社は、お客さまへ利便性の高いサービスを提供することを通じて、日本のさらなる交流人口拡大に取り組んでまいります。今後の両社の提携サービス拡大にご期待いただくとともに、ご旅行の際にはぜひJALとジェットスター両社のネットワークをご利用ください。

 

■『おやこで楽しく!!リモート社会科見学』 概要
公開日時: 6月20日(日)11:00~11:45 ※参加費無料
特設サイトURL: https://www.kids-discovery.com/event/jal-jetstar2106/
視聴方法: 特設サイトから視聴できます(事前登録不要)。詳しい視聴方法については、特設サイトをご確認ください。
内容:JALでは、安全を守る「整備」編として、成田整備場エンジン工場からの映像を交えながら機体整備に
   ついてご紹介します。ジェットスターでは、安全を守る「点検・準備」編として、同じく成田空港において
   整備中の飛行機を間近に見ながら、点検や出発準備の様子をご覧いただけます。
   また、当日はQA機能を使って双方向性のコミュニケーションを実現します。

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、延期・中止になる可能性があります。
※当日の配信状況に応じて、開始時刻・終了時刻が前後する可能性があります。
※本イベントに参加可能なユーザー数は最大20,000ユーザーとなります。
 上限に達した場合はご参加いただけませんので、ご了承ください。

 

■『ジェットスター・ジャパン9周年記念 「リモート社会科見学」プレゼントキャンペーン』 概要
キャンペーンページURL:https://www.jetstar.com/jp/ja/campaigns/9thBD/#remote
            ※キャンペーン詳細は配信開始後に公開します
キャンペーン主催者:ジェットスター・ジャパン株式会社
応募期間:2021年6月20日(日)「リモート社会科見学」配信時~6月28日(月)10:00(日本時間) 
応募方法:「リモート社会科見学」を視聴し、アンケートの回答と必要事項を所定の応募フォームに入力・送信。
賞品:JALとジェットスターのオリジナルグッズ詰め合わせ(9名様)

※本キャンペーンはジェットスターの無料メールマガジン「JetMail」への登録が必要です。
 応募の際に未登録のお客さまは、キャンペーンに応募することでJetMailに仮登録されます。
※本キャンペーンはやむを得ない事情により予告なく内容が変更、中止になる可能性があります。
※本キャンペーンは日本国内在住者を対象といたします。
※諸条件が適用されます。

■「リモート社会科見学」取り組み背景
昨年、コロナ禍における子どもの学びの支援を目的に、異業種連携による働き方改革推進コミュニティ「MINDS」がリモート社会科見学を企画立案。企画実施に向けて「MINDS」運営事務局を務める日本マイクロソフトより日本航空が提案を受けたことから、JALグループ内の社内ベンチャー「W-PIT」(*)が企画を実現し、昨年6月28日に羽田整備工場での「リモート社会科見学」を開催しました。
今年は、この取り組みに共感したジェットスターとJALのW-PITが協力することで、普段は見学ができない成田整備場のさまざまな裏側をご覧いただける内容になっております。

(*)「W-PIT」とは、Wakuwakuをキーコンセプトに、異業種共創を通じて新たな価値創造に挑戦するJAL公認の社内ベンチャーチーム。Wakuwaku-Platform Innovation Teamの略。2017 年に設立し、現在約150名の社員が集う。これまでに、ヤッホーブルーイングとの地方の魅力×クラフトビールをコンセプトとした日帰り旅『呑みにマイル』や、日本全国に旅するサウナーを応援する『JALサ旅』(**)などを企画。
(**)https://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/satabi/

W-PITロゴ.png

 

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。