このページの本文へ移動
第21051号
機材・ダイヤ

JALグループ、2021年度冬期国内線基本便数計画を決定

JALグループは、2021年度冬期ダイヤ(2021年10月31日~2022年3月26日)における国内線の基本便数計画を決定しました。
期間中、エアバスA350-900型機の導入をさらに進め、北海道エアシステム(HAC)では2021年11月にATR42-600型機への機材更新を完了予定です。どちらも高い快適性と環境性能を兼ね備えており、JALグループとして航空機の低燃費化および低騒音化を進めます。
これに伴い、新たに東京(羽田) =大阪(伊丹)線へエアバスA350-900型機を本格導入し、毎日運航します。また、ご好評をいただいている「JALファーストクラス」サービスを、新たに大阪(伊丹)=沖縄(那覇)線、東京(羽田)=石垣線(2021年12月24日~2022年1月4日、3月18日~26日)で開始します。(*1)
なお、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う供給調整については、今後の需要動向を踏まえて順次決定し、お知らせします。

【路線便数に関するトピックス】

・ 大阪(伊丹)発着の路線について、大阪(伊丹)=沖縄(那覇)線、大阪(伊丹)=熊本線を増便します。

・ 日本トランスオーシャン航空(JTA)の季節運航便として、夏季期間に引き続き年末年始、春休みの繁忙期に大阪(関西)=宮古線、名古屋(中部)=石垣線および名古屋(中部)=宮古線を運航します。

 ・北海道エアシステム(HAC)の札幌(丘珠)発着路線において、昨年就航した女満別線を増便します。また夏季期間に季節運航した奥尻線を、土日祝日・年末年始などに運航します。(*2)

 ・日本エアコミューター(JAC)の鹿児島発着路線において、週末および年末年始の繁忙期を中心に屋久島線、徳之島線および沖永良部線を増便します。

(*1)以下路線での「JALファーストクラス」の販売は8月26日15時より開始します。
大阪(伊丹)=沖縄(那覇)線 A350-900型機運航便(JL2081/JL2084/JL2087/JL2088)
                2022年3月運航の767-300ER型機/A350-900型機運航便(JL2079/JL2080)
東京(羽田)=石垣線       767-300ER型機運航便(JL971/JL972/JL973/JL974)
(*2) 2021年8月24日付リリース「2021年度冬期ダイヤ中に全機新機材へ更新完了 また、札幌(丘珠)発着の女満別線を増便し、奥尻線を引き続き運航」 参照URL: https://www.info.hac-air.co.jp/

※以下の計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。

詳細

【開設・再開】①開設・再開表RVS.png(*3)運航の詳細につきましては、JAL Webサイトをご確認ください。
【増便】②増便表RVS.png
【減便】③減便表RVS.png(*4)年末年始および一部期間で運航日数の異なる日がございます。運航の詳細につきましては、JAL Webサイトをご確認ください。
(*5)運航の詳細につきましては、JAL Webサイトをご確認ください。

 

以上

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。