このページの本文へ移動

プレスリリース

第22011号
実績

2022年度 ゴールデンウィーク期間ご利用実績

総旅客数、国内線は2.3倍(前年比)、国際線は約4.5倍(前年比)

2022年度ゴールデンウィーク期間(2022年4月29日~5月8日)について、JALグループ航空会社便のご利用実績を取りまとめましたので、ご報告します。

国内線の総旅客数は、前年比で231%となっており、大変好調に推移しました。方面別では、全方面で前年を大きく上回っていますが、特に、東北・北陸、関西、中国・四国方面の総旅客数は前年比で約3倍となり、好調に推移しました。日別では、下りが4月29日をピークに5月3日まで、上りは5日をピークに、搭乗率の高い日が続きました。

国際線は、新型コロナウイルス感染症拡大前の水準には達していないものの、水際対策の緩和などにより、総旅客数は前年比で446%となるなど、需要回復の兆しが見られました。特に、ハワイ線の総旅客数は、前年比で9倍以上となり、また、期間中にほぼ満席となった日もあり、ハワイ人気復活の兆しが鮮明となりました。

 

【JALグループご予約状況】※前年比は2021年4月29日~5月8日の実績と比較しています。

プレスリリース用.PNG

 

詳細につきましては、添付別紙JALグループ各社ご利用実績をご覧ください。

以上

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。