このページの本文へ移動
第23041号
サービス全般

「JAL MaaS」羽田・伊丹空港発着の空港バスと連携開始

~ご利用いただくお客さまの移動が一気通貫でより便利に、お得になります~

リリースの概要

1. エアラインとして初めて京浜急行バスとの連携を開始し、横浜駅(YCAT)方面、みなとみらい地区発のデジタル乗車券を販売します。
2. 阪急観光バスとの連携を開始し、伊丹空港=大阪市内線のデジタル乗車券に加えて、エアラインとして初めてスマホ回数券を販売します。
3. 連携開始を記念して、期間限定でマイルプレゼントキャンペーンを実施します。
4. JAL MaaSのご利用で夏のマイルプレゼントキャンペーンを実施します。

 JALはこれまで、地域の交通課題の解決と交流人口の拡大を目的に「JAL MaaS」を通じて、空港から目的地までの移動をシームレスにつなげるサービスを提供してきました。また、飛行機をご利用のお客さまの更なる利便性向上に向け、あらゆる交通モードと連携し、出発地から目的地までストレスフリーな移動体験の創出を目指し、JAL MaaSサービスを拡大しています。

 このたび、京浜急行バスとの連携を開始し、JAL MaaS(経路検索サービス)上で横浜方面の乗車券を事前に購入できる他、ご購入いただいたデジタル乗車券を乗務員に提示するだけでスムーズにバスをご利用いただくことが可能となります。
 関西方面においては、阪急観光バスとの連携を開始し、伊丹空港と大阪市内を結ぶ路線のデジタル乗車券のご利用が可能になる他、ご利用回数の多いお客さま向けにスマホ回数券の販売も開始します。スマホ回数券は お一人でのご旅行に限らず、ご家族やご友人とのグループ旅行の際にもお得にご利用いただけます。

 また、より多くのお客さまにJAL MaaSをご利用いただけるよう、夏のマイルプレゼントキャンペーンも実施します。
詳細は以下をご参照ください。

 

【サービス内容】
1. 京浜急行バス(羽田空港)
横浜駅(YCAT)方面、みなとみらい地区発の片道乗車券が購入可能となりました。
画面イメージ(HND).jpg

(1). サービス開始時期 :2023年8月1日(火)
(2). 販売内容 :羽田空港↔横浜駅(YCAT)、
       赤レンガ倉庫・みなとみらい地区・山下公園→羽田空港の片道乗車券
(3). マイル積算:大人20マイル、小人10マイル (実施期間:2023年8月1日~2024年3月31日)
(4). サービスの詳細 :https://www.jal.co.jp/jp/ja/relations/jalmaas/collaboration/bus/#keikyu_airportbus

 

2. 阪急観光バス(伊丹空港)
伊丹空港と大阪市内を結ぶ方面へのスマホ回数券・乗車券が購入可能となりました。(*1)
画像イメージ(ITM).jpg

(1). サービス開始時期 :2023年8月1日(火)
(2). 販売内容 :伊丹空港↔大阪市内線(梅田・上本町・難波・あべの橋/天王寺)における
空港リムジンバスのスマホ回数券(11回・6回)、2回分乗車券、片道乗車券(*2)
(3). 有効期間 :購入日より6カ月
(4). マイル積算 :11回券80マイル、6回券40マイル、2回分乗車券10マイル(*3)
(実施期間:2023年8月1日~2024年3月31日)
(5). サービスの詳細 :https://www.jal.co.jp/jp/ja/relations/jalmaas/collaboration/bus/#hankyu_kanko_airportbus 
(*1)共同運行会社:阪神バス、近鉄バス
(*2)回数券・乗車券ともに大人運賃のみとなります。
(*3)片道乗車券はマイル積算対象外です。

 

【夏のマイルプレゼントキャンペーン概要】
JAL MaaSご利用時にキャンペーンへご応募いただいた方へ、抽選で100マイルをプレゼントします。
(1). 応募期限 :2023年8月31日(木)17:00まで
(2). 応募方法 :JAL MaaSトップページへアクセス時に応募
(3). WebサイトURL :https://www.jal.co.jp/jp/ja/relations/jalmaas/
(4). 対象者数 :2,000名

 

今後もJAL MaaSを通じて事業者間の連携を深化させるとともに、手荷物当日配送サービスなどMaaS周辺サービスを充実させることにより、新たな人流を生み出す取り組みを継続してまいります。

以上

ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。