JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2008年06月10日
JAL、国際線ファーストクラス、エグゼクティブクラスに新シート誕生

第08033号

JALは、国際線ファーストクラスとエグゼクティブクラスへ新シートを導入します。お客さまから頂いた様々なご要望やご期待をシート開発に反映し、くつろぎを極めた至福の空間を実現します。

新シートは、環境にやさしく燃費効率の良いボーイング777-300ER型機(新造機)にご用意し、8月より東京=ニューヨーク線、9月から東京=サンフランシスコ線に導入いたします。この新造機には、現在ご好評いただいているJALプレミアムエコノミーサービスも加え、エコノミークラスには座り心地の良さを追求した新型のシートをご用意致します。 

 

また、ファーストクラスでは機内サービスも一新し、「睡眠」と「健康」にこだわった最上級のおもてなしで満ち足りたときをお過ごし頂きます。    

 

すべてのクラスにおいて「こだわりの品質」を追求し、お客さまのご意見やユニバーサルデザインを最大限に取り入れた“一番新しいJAL”で、快適な空の旅をお楽しみ下さい。

 

導入スケジュール

■導入開始  : 200881

■対象機材  : 777-300ER型(新造機) 

■座席数   : ファースト8席、エグゼクティブ77席、プレミアムエコノミー46席、エコノミー115

■導入路線  : 東京=ニューヨーク(8/1~)注)8/10までは奇数日隔日運航

 東京=サンフランシスコ(9/13~)

 ※2009年度以降、シカゴ線、ロサンゼルス線に拡大予定。

 

国際線ファーストクラス新シートイメージ1

■シート名称 : 「JALスイート」(英語名:JAL SUITE

■配列     : 1-2-1

■座席ピッチ : 約211cm

■個人テレビモニター : 19インチ

■特徴     :・『空に浮かぶスイートルーム』

大型シェルで包まれた、贅沢なプライベート空間。お一人の占有面積は当社既存ファーストクラス(ニュースカイスリーパーソロ)比で約20%拡大、一機あたりわずか8席の特別な場所。

・『眠りへのこだわり(その1)』

ベッド時のスペースはクラス最大級。足元まで十分広い、ベッド長約199cm、ベッド幅約84cmのシングルベッド並みのスペースを確保。

・『お二人の大切な時間を演出』

電動式プライバシーパーティションを降ろせばお二人でのお食事、語らいのひと時をお楽しみいただける、中央並び席を設置。

・『くつろぎへの充実装備』

食事・仕事共に使い易い前後スライド式大型テーブル、豊富な収納スペース、クラス最大級の19インチ個人用テレビモニターなど充実の装備。

 

 

国際線ファーストクラス新機内サービス

ご搭乗後、お客さまより機内でお過ごし頂くプランをお伺いし、ご希望に応じたサービスをお届けいたします。

■機内食   :・『お好きなときにお好きなものを』

お客さまの機内での過ごし方に合わせて、お好きな時間にお食事をご用意。コース料理やアラカルトからお好きなものをお選びいただけます。

・『お好みに応じて』

ステーキにはソースという概念を取り払い、「ミネラルたっぷりのお塩」でお召し上がりいただけます。フランス産エシレ・バターや上質なオリーブオイルなどこだわりの調味料でお好みにあわせてご提供します。

・『健康へのこだわり』

“自然のままに”をコンセプトに旬の素材を最大限に生かした菜食の料理“京の精進料理”をご用意。究極のヘルシーメニューです。

 

■機用品   :・『眠りへのこだわり(その2)』

航空会社として世界で初めてテンピュールの寝具を採用。共同開発したJALスイート専用マットレスと大きな低反発素材のテンピュール枕もご用意し、究極の快眠を実現。さらにお客さまのお好みに合わせ羽根枕や、くつろぎを追求した、着やすく、肌触りのよい、新デザインのリラクシングウェアもご用意。「機内で体験できる究極の睡眠」を実感していただけます。

・『日本らしさの具現化』

「忘れえぬ日本の匠」をコンセプトに、環境に配慮し無鉛の釉薬(ゆうやく)を使用して作った長崎県波佐見(はさみ)焼のマグカップ、青森県産の桧葉(ひば)材で作った箸を採用。さらに持ちやすさや使いやすさを追求したユニバーサルデザインを実現。

 

国際線エグゼクティブクラス新シートイメージ2

■シート名称  : 「JALシェルフラット ネオ」(英語名:JAL SHELL FLAT NEO

■配列      : 2-3-2

■座席ピッチ  : 約153cm

■個人テレビモニター: 15.4インチ

リクライニング: 最大約171

■特徴      :・『進化したシェルフラット』

シェルフラットの基本コンセプトを継続しながら、さらに睡眠に拘わり、よりフラットなベットへと近づきました。座り心地、寝心地を追求した新しいクッションを開発し、すべてのポジションでの居住性を向上させています。

・『充実の収納でゆとりの空間』

よりゆとりのある空間を創るため、大型マガジンラックやセンターコンソール内の収納スペース、さらにメガネ/ペットボトル/スリッパの収納スペースなど、収納を大幅に充実。

・『くつろぎへの充実装備

プライバシーパーティションの大型化や、サブシートコントロラーの新設、クラス最大級の15.4インチ個人用テレビモニター等、充実の装備。

 

スカイギャラリー

・『上質なくつろぎ空間の提供』

エグゼクティブクラスのバーカウンターには世界初の“スカイギャラリー”を設置し、上質なくつろぎ空間を提供。第一弾は富士フイルムとのコラボレーションで、地球環境をテーマとしたウェブサイト「ForestForever」からさまざまな日本の森林写真を展示。

 

国際線エコノミークラス新シート

■配列     : 3-3-3

■座席ピッチ : 約79cm(現行と同様)

■特徴     : ・『快適性の追求』  

足元空間の広いデザインと座り心地の良さが評判のRECARO社製座席を採用。

頭の動きに自在にフィットしながら優しく支え、心地よくお休み頂ける“ハンモック式ヘッドレスト(*)”を新たに採用。

*通常のヘッドレストと異なり、クッションを装備せず、伸縮性に富んだ中空構造のヘッドレスト。

『楽しさの充実装備』

個人用テレビモニターは9インチに拡大。大きな画面で機内エンターテイメントの楽しさも倍増。

 

機内エンターテーメント

・『楽しさの充実』

全席オンデマンド機能でお客様にご好評頂いている「MAGIC-Ⅲ」を装備。チャンネル数は本邦最大132チャンネル。最新のハリウッド映画や人気の邦画番組、最新のヒットチャート音楽、種類豊富なゲーム番組等、より楽しい空の旅をご提供。

 

 

新シート、新サービスの詳細についてはJALホームページをご覧下さい。

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/

以 上

 

JALスイート                        ◇JALシェルフラット ネオ

 イメージ3イメージ4

◇エコノミー                         ◇スカイギャラリー

 イメージ5イメージ6

◇機内食(ファーストクラス和食料理 かさね前菜)        ◇テンピュ-ルマットレスと大型枕、羽毛布団

 イメージ7イメージ8

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN08033.pdf 

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.