JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2012年03月21日
JAL 787-8初号機受領と機内仕様について

11185

 

~ 最新鋭機の投入で、お客さまに更なる高品質なサービスを提供し続けてまいります ~

 

JALは、最新鋭機787-8機材の初号機を、2012325日に米国ボーイング社(米国シアトル)より受領します。JALが導入する787-8機材は、従来の航空機と比べ運航効率が約20%高い低騒音機体で、422日よりボストン線を787-8機材で新規開設するとともに、既存5路線(*)2012年度中に新規開設するサンディエゴ線やヘルシンキ線についても、準備が整い次第、787-8機材を、順次、路線投入してまいります。

(*)羽田=北京線、成田=モスクワ線・デリー線、羽田=シンガポール線、成田=シンガポール線への787-8機材の投入を決定しています。

 

 

787-8機材 初号機の運航スケジュール(予定)】

201232616時(日本時間278時)    ペインフィールド空港(米国シアトル)発

20123271830分(日本時間)                 成田空港着

 

また、JALは、20123月に納入される787の機内インテリア等の仕様を決定しました。先進的且つ革新的な機内サービス環境のご提供に加え、お客さまの快適性向上を重点に据えた787-8機材の機内仕様は、ビジネスクラス42席・エコノミークラス144席・合計186席で、広い大型の窓、快適な湿度・気圧の設定、季節に合わせた機内照明(LED照明)、快適性を追求した座席、国際線機内エンターテインメントで世界初となる『SKY MANGA』(スカイマンガ)のご提供、機内温水洗浄機能付トイレ等、JALが培った技術をさらに進化させたものとなります。

 

最新鋭機材の導入により、より快適性を高めたJALのサービスにぜひご期待ください。

 

 JGN11185_fig1.jpg

 

 

JAL787機材につきましては、以下のホームページでもご覧いただけます。

 

 

URL: http://www.jal.co.jp/787/ 

 

 

スタジオジブリとの「空を飛ぶ。プロジェクト」については以下のURLをご覧ください。)

http://www.jal.co.jp/soraotobu/top.html

 

1.機内仕様に関する詳細

座席数

  ビジネスクラス(JALシェルフラットネオ)42席  エコノミークラス 144席  合計186

 

    JGN11185_fig2.JPG     JGN11185_fig3.JPG

 

 

 

機内仕様の主な特長

JALは、787の開発当初より米ボーイング社の「ワーキング・トゥゲザー」(*)に参加し、「お客さまの快適さ」という視点で、より便利で快適な機内仕様づくりに取組みました。

座席や窓、トイレなど、お客さまの目や手に触れる部分から、キャビンアテンダントが使う厨房機器まで、“おもてなしの心”を具現化した、今までとは違う787ならではの快適さをお楽しみください。

   (*)米ボーイング社 「ワーキング・トゥゲザー」・・・エアライン各社とボーイング社による開発プログラム

  

     ■『明るく視界もワイドに』 窓の大型化、電子カーテン

767対比で約13倍に窓を大型化

・窓のシェード(日よけ)がなくなり、お客さまが透過光量を調整する“電子シェード”を搭載

  ■『JALオリジナルライティングの導入』 客室照明にLEDを採用

・機内の照明はLEDを採用し、総合デザインオフィスであるGKデザイングループ(*1)と、照明プランナー稲葉裕氏(*2)のコラボレーションによるJALオリジナル照明プログラムを導入、日本の四季を表現するとともに、食事がおいしく見えること、睡眠やお目覚めが快適であることなど、機内でのシーンにあわせた照明を設定 *1)および(*2)については、文末参照

  ■『より快適な環境を』 高い天井・気圧

・客室の天井は767対比で約14㎝(*)高く、機内特有の圧迫感が解消        *)エコノミークラスの通路上の高さ比較

・客室の気圧は、従来機の約2400メートル相当に比べて、約1800メートル相当となり、快適性が向上

■『エンターテイメントも充実』 世界初の“SKY MANGA”導入 (各タイトルは別紙参照)

・日本を代表するエンターテイメントのひとつである漫画を世界に発信すべく、機内エンターテイメントシステムの個人画面で31タイトル、91冊の電子漫画をお楽しみいただけるサービスの導入

 

 

 

ビジネスクラスの主な特長 

  ■『より快適な居住性を』 JALシェルフラット ネオがより進化

ご好評いただいているJALシェルフラット ネオが、約5cm

(肘掛間、777座席対比)ワイドになってより快適になりました。

座席配列も2-2-2、窓・通路席のみの設定です。

    ・シート名称       : 「JALシェルフラットネオ」

(英語名:JAL SHELL FLAT NEO

    ・配列              2- 2- 2

    ・座席ピッチ       :約153

    ・座席幅            :約54㎝(肘掛け間) 

    ・個人テレビモニター:15.4インチ(タッチパネル式)

・リクライニング:約171

・その他                :ユニバーサルPC電源、USBポート、RCAジャック配備

 

 

      JGN11185_fig4.JPG

  

    

     ■『トイレもより快適に』 温水洗浄機能付き便座ウォシュレット(*)を導入

TOTO株式会社、株式会社ジャムコ、ボーイング社との共同開発による、

航空機向け温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」を導入

*)「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。

 

      JGN11185_fig5.JPG

 

 

 

エコノミークラスの主な特長

  ■『居住性・機能性アップ』 RECARO社製座席がよりワイドに

足元空間の広いデザインとすわり心地の良さが評判のRECARO社製座席を採用、横幅が約2cmワイド(肘掛間、777座席対比)となり、居住性が向上

    ・配列               : 2-4-2

    ・座席ピッチ       :約79

    ・座席幅            :約47㎝(肘掛け間)    ※一部異なる席がございます。

    ・個人テレビモニター:10.6インチ(タッチパネル式)

    ・その他     :ユニバーサルPC電源、USBポート、RCAジャック配備

 

*1):GKデザイングループ

1952年設立、インダストリアルデザイン・建築環境・グラフィックデザインなど幅広い領域を対象に、調査研究・企画開発などソフト・ハードにいたる一貫したデザインサービスを実施。

商品パッケージ、モーターサイクル、公共交通機関、景観・サインなどのデザインが有名であるほか、当社の機内シートのデザインも数多く手がける。国内線クラスJシート、国際線エグゼクティブクラスシート「SHELL FLAT NEO」など4種類のシートがグッドデザイン賞受賞。

 

*2):稲葉裕(いなば ゆたか) 氏

FOR LIGHTS(2005年設立) 代表取締役、照明プランナー

「光のため」をモットーに国内外を問わず、空港ターミナルビル、官公庁舎、フォーラム会場、コンサートホール、商業施設、ホテルなど様々な施設の照明プランに携わる。

美術館・アートギャラリーの企画展示照明も手掛ける。

日本照明賞ほか、世界の照明学会の重賞を多数受賞。

 

 

以上

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN11185.pdf


添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.