JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2013年04月30日
JALグループ、2013年度の国際線路線便数計画(2013年6月1日以降)について

   

13022 

 

JALグループは、既に2013531日までの国際線路線便数計画を発表しておりますが、ボーイング787-8型機の運航再開に伴い、61日以降の計画を以下のとおり決定いたしました。

 

運航を停止しておりました787-8型機については、必要な改修を行い安全性・信頼性を十分に確認し、万全の準備を整えた上で、201361日より順次既存の運航路線に投入します。一部減便していた成田=ボストン線、成田=サンディエゴ線をデイリー運航とし、開設を延期していた成田=ヘルシンキ線については、デイリー運航にて71日より開設します。

需要が旺盛なバンコク線、ホノルル線については、投入機材をボーイング767型機からボーイング777-200ER型機に大型化し、需要動向に合わせきめ細かい需給調整を行い収益性の向上を図ります。 

 

さらに、2013年度は中期経営計画で目標としている「顧客満足 No.1」を目指し、商品改善を積極的に進めます。欧米路線へボーイング777-300ER型機「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」の投入、また、787-8型機、777-200ER型機を活用した欧米線、ホノルル線、バンコク線(成田/羽田発着)における座席などの商品刷新、そして、2013年度上期中には国際線全路線で個人用テレビを装着した機材を投入し、さらなる快適性向上に努めてまいります。

*下記計画とスケジュールは関係当局の認可を前提としております。

 

【開設】

路線

内容(往復)

機材

クラス

開設時期

スケジュール(現地時間)

成田=ヘルシンキ

週間 7便

787-8

ビジネスクラス

エコノミークラス

201371日~

JL413便 成田   10:30 - ヘルシンキ 14:55

JL414便 ヘルシンキ 17:25 - 成田   09:05

(71日~1026日の上期ダイヤ)

 

787投入路線】

路線

機材

投入時期

備考

成田=ボストン

787-8

201361日~

2013331日~531日の間、一部減便しておりましたが、

61日よりデイリー運航となります。

成田=サンディエゴ

成田=シンガポール

JL719/712便、JL711/710便 (JL710便は62日~)

羽田=シンガポール

羽田=北京

成田=デリー

2013712日~

成田=モスクワ

201391日~

3便運航 (水・金・日)

羽田=サンフランシスコ

JL001便は831日~

成田=シドニー

2013121日~

JL772便は122日~

成田=バンコク

2013122日~

JL707/718便、週7便中4便 (JL718便は123日~)



*787-8機材の受領スケジュールに伴い機材変更となる場合があります。

*787-8機材の運航再開に関する詳細については、http://www.jal.com/ja/flight/boeing787/をご参照ください。

 

【その他の機材変更】

路線

変更内容

変更時期

備考

成田=ホノルル

767-300ER ⇒ 777-200ER

201361日~

JL782/JL781便

中部=ホノルル

2013712日~

関西=ホノルル

201391日~

関西=上海(浦東)

737-800   ⇒ 767-300ER

201391日~

羽田=バンコク

767-300ER ⇒ 777-200ER

2013121日~

成田=バンコク

767-300ER ⇒ 787-8

777-200ER

2013121日~

JL707便 月火木土 787-8運航

水金日  777-200ER運航

JL718便 火水金日 787-8運航

月木土   777-200ER運航

JL708便  デイリー  777-200ER運航



*787-8の受領スケジュールに伴い機材変更となる場合があります。

 

【減便】

至近の需要動向に対応するため、一時的な減便を実施致します。

路線

変更内容

変更期間

備考

成田=北京

週間14便 ⇒  週間 7便

201361日~201375

JL863/JL864便を減便

 

【中長距離国際線の商品改善】

◆欧米路線、ビジネスクラスを中心に商品を刷新

ビジネスクラスへのフルフラット型座席導入をはじめ、全クラスで居住性・機能性を大きく進化させた777-300ER型機『SKY SUITE 777』を欧米路線へ順次投入すると共に、既存の777-300ER型機、および787-8型機を活用し、シェルフラットネオ(ビジネスクラス)対象路線を拡大します。また、現在、ニューヨーク線、シカゴ線、ロサンゼルス線でご利用いただいている機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を欧州路線へも順次展開します。

路線

機材

サービス変更内容

変更時期

備考

成田=ニューヨーク

777-300ER

SKY SUITE 777を導入(*1)

ファーストクラス : NEW JAL スイート

ビジネスクラス  : スカイスイート

プレミアムエコノミー : スカイプレミアム

エコノミークラス : スカイワイダー

201351日より隔日運航、

5月中にデイリー運航

(*2)

成田=パリ

20137月より順次

成田=ロサンゼルス

201311月より

成田=シカゴ

20141月より順次

成田=フランクフルト

ファーストクラス : JALスイート

ビジネスクラス JALシェルフラットネオ

20134月より

隔日運航、5月中

にデイリー運航

成田=モスクワ

777-200ER

プレミアムエコノミーサービスを導入

20136月~8月末まで

羽田=サンフランシスコ

787-8

ビジネスクラス JALシェルフラットネオ

201391日より

(*3)



(*1) SKY SUITE 777の詳細はhttp://www.jal.co.jp/newsky/ss7/をご参照ください。

(*2) 具体的な投入日は別途ホームページでお知らせします。

(*3) 787-8の受領スケジュールに伴い機材変更となる場合があります。

 

≪機内インターネット「JAL SKY Wi-Fi」の拡大≫

成田=フランクフルト線    20135月中にデイリー化予定(現在、隔日サービス中)

成田=ロンドン線           20137月中にデイリー化予定(現在、隔日サービス中)

成田=パリ線                20138月より順次導入

 

◆東南アジア線、オセアニア線、ホノルル線の商品改善

ビジネスクラスにシェルフラットネオを装着した787-8型機、シェルフラットを装着した777-200ER型機を投入することにより、デリー線、シドニー線、東京(羽田/成田)=バンコク線及びホノルル線の商品を刷新し、さらなる快適性の向上を図ります。

路線

機材

サービス変更内容

変更時期

備考

成田=デリー

787-8

ビジネスクラス : JALシェルフラットネオ

2013712日~

(*1)

成田=シドニー

777-200ER

プレミアムエコノミーサービスを導入

20136月~1130日まで

787-8

ビジネスクラス : JALシェルフラットネオ

2013121日~

羽田=バンコク( *2)

777-200ER

ビジネスクラス : JALシェルフラット

成田=バンコク( *3)

成田=ホノルル

JL782/JL781便)

201361日~

中部=ホノルル

2013712日~

関西=ホノルル

201391日~



(*1) 787-8の受領スケジュールに伴い機材変更となる場合があります。

(*2) 羽田=バンコク線(JL33/34便)では、2013121日より新たにプレミアムエコノミーサービスを提供します。

(*3) 成田=バンコク線は2013121日より、週間14便中10便を777-200ER機材、4便を787-8機材にて運航します。

JL717/708便 デイリー       777-200ER運航  (プレミアムエコノミーサービス提供)
J
L707便   月火木土    787-8運航    水金日             777-200ER運航

JL718便   火水金日     787-8運航    月木土   777-200ER運航

 

◆国際線全路線で個人用テレビ装着機材へ変更

2013年度上期中に、成田=高雄線、関西=ソウル(金浦)線*1においても個人用テレビ装着機材を投入することにより、JAL国際線全路線を個人用テレビ装着機材で運航します。(*2)

(*1)関西=ソウル(金浦)線では、201361日よりビジネスクラスサービスを提供します。

(*2) 787-8の受領スケジュールに伴い機材変更となる場合があります。

 

◆ボーイング767-300ER型機への新座席導入

2013年度下期には、ビジネスクラスにフルフラット型座席、エコノミークラスには居住性を高めた新座席を導入し、機内品質を大きく向上させた767改修機材を、中長距離路線を中心に投入してまいります。

商品の詳細、投入路線については決まり次第お知らせいたします。

 

      *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
     20130430_JALグループ、2013年度の国際線路線便数計画(2013年6月1日以降)について.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.