PRESS RELEASES プレスリリース

  • 2014年09月05日

すべてのクラスをリニューアルした「SKY SUITE 787」が登場

~ エコノミークラスはゆったりとした横8席配列を維持し、さらに前後間隔を5㎝拡大 

14123

JALは、「ひとクラス上の最高品質」をテーマに、「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」、「SKY SUITE 767(スカイスイート767)」と順次新商品を展開していますが、このたび、787-8型機の新仕様機材「SKY SUITE 787(スカイスイート787)」を、201412月から成田=フランクフルト線(JL407便/JL408便)に、20151月から成田=ニューヨーク線(JL004便/JL003便)に導入します。

 

快適な湿度・気圧の設定や、高い天井と広い窓など快適な機内環境が好評の787-8型機に、プレミアムエコノミーを設定するとともに、ビジネスクラスには「SKY SUITE 777」と同様のフルフラットシート「SKY SUITE(スカイスイート)」を採用します。

 

また、エコノミークラスには、国際線“新・間隔エコノミー”の第2弾として、787型機で世界最大級の居住空間を実現した座席「SKY WIDERⅡ(スカイワイダーⅡ)」を採用します。世界の航空会社の787型機では横9席配列のエコノミークラスが主流の中、座席幅で+5㎝のゆとりがある横8席配列を維持したうえで、さらに座席ピッチ(前後間隔)を+5㎝拡大することで、大幅な居住性の向上を図ります。

 

SKY SUITE 787」は、787-8型機に加え、2015年度から運航予定の787-9型機にも順次導入し、国際線の中長距離路線を中心に展開していく予定です。

JALは、「チャレンジJAL」宣言のもと、一人でも多くのお客さまに、より快適に飛行機をご利用いただけるよう、これからも新たな商品・サービスの導入に挑戦していきます。

Challenge.jpg

■機材概要

1. 対象機材     : ボーイング7878型機 

2. 就航開始時期  : 2014121()

3. 就航路線     : 成田=フランクフルト線(JL407便/JL408便)

                  ※成田=ニューヨーク線は201511日(木)よりJL004便、12日(金)よりJL003便に導入予定です。機材納入の状況により、就航開始時期が変更となる場合は、別途JALホームページにてお知らせします

4. 座席数        : 

クラス

新仕様

現行787-8

ビジネスクラス・「JAL SKY SUITE」(JALスカイスイート)

38

42

プレミアムエコノミー・「JAL SKY PREMIUM」(JALスカイプレミアム)

35

設定なし

エコノミークラス・「JAL SKY WIDERⅡ」(JALスカイワイダーⅡ)

88

144

合計

161

186



SS8.jpg

シートマップ.jpg

各クラス座席の主な特長:

 

1. ビジネスクラス : 完全フルフラットベッドを導入

(1) シート名称       :「スカイスイート/SKY SUITE

(2) 配列                   2-2-26席配列

(3) ベッド長(最大)       : 約188

(4) ベッド幅(最大)    : 約65

(5) ベッド時足元幅     : 約53

(6) 個人モニター        : 23インチ

C.jpg

(7) 特長             

    基本的なデザインや機能は「SKY SUITE 777」に導入済みの座席と同様。

    完全フルフラットベッド。ゆったりとお休みいただけるよう、足元まで十分なスペースを確保。

    プライバシー性に配慮した個室感の高い座席デザイン。

    座席配列は2-2-2の横6席。全席通路アクセス可能。

    プライバシー性の確保とご同行のお客さまとのコミュニケーションの双方のニーズに対応した、電動プライバシーパーティションを採用。

    23インチの大型個人モニター(現行78715.4インチ)。

    先進的な液晶タッチパネル式エンターテインメントコントローラー。

    足置き下のスペースは離着陸時にも機内持ち込み荷物の収納が可能。

    身の回り品を手軽に収納できるサイドテーブル(通路側C/H)、モニター下テーブル(窓側A/K席、通路側D/G席)&オーバーヘッドシェルフ (窓側A/K)

(8) マットレス・枕      

快適な眠りをご提供するために「SKY SUITE 777」に導入し(*1)、ご好評をいただいております「エアウィーヴ S-LINE」を、「SKY SUITE 787」のビジネスクラスでもご用意します。質の高い眠りを求める多くの方に選ばれている「エアウィーヴ」は、腰部分を硬く、肩と足部分を柔らかくすることで、寝たときに体に負担のかからない姿勢をキープします。「スカイスイート」専用に制作された高反発マットレス・枕である「エアウィーヴ S-LINE」が創り出す、最高の睡眠をぜひご体験ください。

 *1:SKY SUITE 777」にはファーストクラスに「エアウィーヴ DUAL MODE」、ビジネスクラスに「エアウィーヴ S-LINE」を導入。

2. プレミアムエコノミー : 初期のビジネスクラスのようなゆとりの居住空間

(1) シート名称          : 「スカイプレミアム/SKY PREMIUM    

(2) 配列                    2-3-27席配列

(3) 座席ピッチ          : 約107㎝  ※一部座席を除く

(4) 座席幅                  :約49(アームレスト間)  ※一部座席を除く

(5) 個人モニター        12.1インチ ※最前列は10.6インチ

YP.jpg

(6) 特長            

    基本的なデザイン、機能は「SKY SUITE777」導入の座席と同様。

    初期のビジネスクラスのような、座席ピッチ(前後間隔)、座席幅。

    リラックスできるFIXED BACK構造(前席の背もたれが倒れてこない構造)と深いシートスライド幅。

    プライバシー性を高める座席間のディバイダー。

    ペットボトルホルダー、カップホルダー、大型テーブルなどの充実した機能。

新型のタッチパネル式個人モニターを導入。

3. エコノミークラス : 座席配列は横8席配列を維持し、さらに前後間隔を5㎝拡大

(1) シート名称          :「スカイワイダーⅡ/ SKY WIDER

(2) 配列                    2-4-2(横8席配列)

(3) 座席ピッチ            :約84㎝  ※一部座席を除く

(4) 座席幅            :約48(アームレスト間)  ※一部座席を除く

(5) 個人モニター        10.6インチ 

Y.jpg

(6) 特長                  

    SKY SUITE 787」のために開発した新座席。

    座席配列は横8席配列(2-4-2)を採用(一般的な座席配列は横9席配列(3-3-3))。

    座席幅(アームレスト間)は、横9席配列(約43cm)に比べて+5cmのゆとり。

    座席ピッチ(前後間隔)も現行31インチ(約79cm)から33インチ(約84㎝)へ+5cm拡大し、座席幅とあわせ、787機材での世界最大級の居住空間。

    新型のタッチパネル式個人モニターを導入。

    全シートにユニバーサルPC電源、USBポートを装備。

Y2.jpg

客室仕様の特長:

1. 温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」

温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」(*2)を全クラス(*3)のトイレに装備します。

*2:TOTO株式会社、株式会社ジャムコ、ボーイング社との共同開発による、航空機向け温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」。(「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。)

*3:最後方のトイレ(1カ所)には装備しておりません。

2. 新機内エンターテインメントシステム「MAGIC-Ⅵ」

SKY SUITE 787では、機内エンターテインメントシステム「MAGIC-V」をさらに進化させた、新システム「MAGIC-Ⅵ」を導入します。

MAGIC-Ⅵ」では、座席モニターに触れた状態で指を滑らせる“スワイプ操作 ”を可能とし、画面デザインをシンプルで分かりやすいインターフェイスとすることで、これまで以上に快適かつ直感的にエンターテインメントをご利用いただけます。

また、世界初のサービスとしてご好評いただいている、機内エンターテインメントサービス「SKY MANGA」や、ビジネスクラスにおける「機内食・機内販売オーダーサービス」もご利用いただけます。

MAGIC.jpg

3. 室内照明

現行の787機材では、客室照明にLEDを採用しており、お客さまからご好評をいただいております。引き続き、LEDを活用して日本の四季を表現するとともに、食事がおいしく見えること、睡眠やお目覚めが快適であることなど、機内でのシーンにあわせた照明を設定します。

 

国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」:

2012 7 月よりボーイング777-300ER 型機でサービスを導入している国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi(*4)787-8型機材でも2014年度末より順次展開する予定です(*5)。航空機の中からお客さまがお持ちの無線LAN 対応端末でホームページの閲覧やメールの送受信、ソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)のアップデートなどをお楽しみいただくことができます。

*4: パナソニック アビオニクス コーポレーションの「eXConnect サービス」。

*5: プレスリリース「国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を東南アジア路線にも拡大します」
2014326日付) http://press.jal.co.jp/ja/release/201403/002862.html

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20140905_JGN14123_すべてのクラスをリニューアルした「SKY SUITE 787」が登場.pdf 

SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。