PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2015年04月23日

「日本の翼 育英奨学金」募集開始

(共同リリース)

2015423

日本航空株式会社

公益財団法人日本国際教育支援協会

 

~私立大学パイロット養成課程にチャレンジする学生を応援します~

 

JALは、201412月に発表した「パイロット奨学給付金制度」(*1)について、公益財団法人日本国際教育支援協会(以下、「JEES」)(*2)の冠奨学金事業への寄付により「日本の翼 育英奨学金(以下、本奨学金)」として設立しました。5月上旬より受給者の募集を開始します。奨学金の給付を通じて、勉学・訓練に励むパイロット養成課程の学生を応援し、日本の航空輸送事業の発展に貢献します。

近年、世界的な航空需要の増大や訪日外国人旅行者増加に向けた取り組みに対応する、国際航空ネットワークのさらなる拡大、および国内地域航空ネットワークの維持・発展への日本の航空業界に対する期待が高まるなか、今後の日本の空を支える優秀なパイロットを多数育成することが急務となっています。こうした社会状況を踏まえ、本奨学金は、私立大学パイロット養成課程から、次世代の優秀なパイロットが多く輩出され、日本のさまざまな航空会社で活躍し、航空業界全体の発展に寄与することを目的として設立したものです。

JALJEESは奨学給付金制度を通じて、一人でも多くの若者にパイロットを目指していただくことを願うとともに、世界・地域をつなぐ、日本の翼の将来を担うパイロットにチャレンジする学生を応援します。

 

 

「日本の翼 育英奨学金」募集要項概要

 対象          :指定する日本国内の私立大学のパイロット養成課程に在籍し、一定の要件を満たす学生。

 支給人数    :所定の選考を行い、各年度最大30名を新たに受給者とします。

 支給内容    :受給者1人あたり500万円を訓練段階に応じて3回に分けて支給します。

 募集開始  : 指定大学において5月上旬から行います。指定大学にJEESより推薦依頼文書を送付しますので、応募希望者は直接所属大学にお問い合わせください。

 その他      :本奨学金は給付型奨学金であり、受給者には原則として奨学金返還の義務はありません。また、本奨学金への応募は、JALグループの採用選考とは関係なく、JALグループへの入社の義務もありません。詳細については、別添の募集・推薦要項をご参照ください。

 

(*1) 20141226日付プレスリリース、「パイロット奨学給付金制度」を設立

URLhttp://press.jal.co.jp/ja/release/201412/003189.html

(*2)JEESについて

日本人学生および外国人留学生に対し、奨学金事業や日本語能力試験の実施など、必要な援助を行うことにより、教育・学術の発展ならびに国際間の理解と親善に寄与する公益財団法人。

20150423_奨学金_fig1.jpg

 

 (別添)
 H27年度日本の翼育英奨学金募集・推薦要項.pdf
 

 *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

  20150423_共同リリース_「日本の翼 育英奨学金」募集開始.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。