JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2016年01月19日
「クラス J」を設定した国内線新機材「エンブラエル190」がデビュー

15195

 

~大阪(伊丹)路線を中心に、国内線の機内がますます快適に~

 

JALは、エンブラエル社(ブラジル)のエンブラエル190型機(以下「E190型機」)を新たに導入し、グループ会社のジェイ・エアが運航します。初号機は、今年510()より、大阪(伊丹)=鹿児島線に投入し、以降、順次路線を拡大してまいります。また、国内線でご好評いただいている「クラス J」サービスをE190型機でも実施します。 

(参考)プレスリリース「エンブラエル170の追加導入、ならびにエンブラエル190の新規導入を決定」(2014828日付)

http://press.jal.co.jp/ja/release/201408/003053.html

 

E190_0119.jpg

E190型機は、2005年より引き渡しが始まり、全世界で44社が購入し、すでに523機が引き渡されている(20151231日現在)ベストセラー機種であり、国内航空会社では初めての導入になります。 

 

JAL グループは、「チャレンジJAL」宣言のもと、さらなる定時性の向上、また、より効率的な地方ネットワークの展開を図り、一人でも多くのお客さまに、より快適に飛行機をご利用いただけるよう、これからも新たな商品・サービスの導入を進めてまいります。  

 

E190型機概要

1.  運航開始時期      : 2016510()(予定)

※機材納入状況により、運航開始日は変更になる可能性があります。別途当社ホームページにてお知らせします。 

 

2.  就航路線          : 大阪(伊丹)=鹿児島線 

(大阪(伊丹)=仙台・福岡線へ順次展開予定) 

 

3.  座席数                : 95席(クラス J/15席 普通席/80席) 

CONF_0119.jpg

4.  サービス概要      

(1)  「クラス J」サービスの展開

リージョナルジェット機で初めて、本革の「クラス J」シートを導入 

 

クラスJ_0119.jpg

 

 

2) 全席アクセス可能なユニバーサルPC電源を装備

電源_0119.jpg

 

 

3) 普通席にも高品質な本革を採用

Y_0119.jpg

※サービスの詳細については、以下のURLをご参照ください。

http://www.jal.co.jp/dom/fare/jair/

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

JGN15195_「クラス J」を設定した国内線新機材「エンブラエル190」がデビュー.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.