JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2016年01月20日
JALグループ、2016年度 路線便数計画を決定

~顧客満足 No.1に向け、さらに利便性・快適性を向上させます~

第15198号

JALグループは、2016年度の国際線・国内線の路線便数計画を決定しました。

国際線については、「ひとクラス上の最高品質」をテーマにご好評をいただいている「SKY SUITE」機材(*1)による運航路線を拡大するとともに、プレミアムエコノミーサービスを実施する路線を増やし、お客さまの利便性・快適性のさらなる向上を図ります。

また、現在週3便運航している成田=モスクワ線を、4~6月は週1便増便して4便体制で、7~10月はさらに1便増便して週5便体制で運航し、夏場の旺盛な旅客需要に対応します。

国内線については、「ひとつ先のスタンダード」をテーマとしている「JAL SKY NEXT」(*2)サービスを羽田発着路線を中心に拡大展開し、商品・サービス力の強化を図りつつ、季節需要に適合した運航を実施します。また、「クラスJ」を設定した新機材・エンブラエル190型機 (*3)を、伊丹=鹿児島線をはじめ順次展開し、大阪発着路線でもお客さまの快適性の向上を図ります。

なお、2014年度に配分された「羽田空港政策コンテスト枠」で運航している羽田=山形線は、地域と一体になった利用促進が奏功し、コンテスト枠有識者懇談会にて最高評価をいただき、その結果を踏まえて国土交通省より2016年度以降、3年間の羽田発着枠延長配分を受けたことから、1日2便運航を継続します。

そのほかの地方路線については、2014年度から再開している季節運航路線を、就航先地域の皆さまの協力を得ながら2015年度と同規模にて運航することとします。また、一部路線については、プロペラ機材からリージョナルジェット機材へ変更します。

沖縄圏域の離島間運航では、貨物室を従来機に比べ2.5倍以上に拡張したボンバルディアDHC-8-400型機のカーゴ・コンビ仕様を定期路線に就航させ、旅客、貨物双方の需要増加への対応を図り、観光や産業振興などに貢献してまいります。

JALグループは引き続き、お客さまの利便性、快適性の向上を目指し、さらなるネットワークの拡充、商品・サービス品質の向上にチャレンジしてまいります。

 ※以下の計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。

 (*1)「SKY SUITE」機材の詳細についてはhttps://www.jal.co.jp/newsky/をご参照ください。

 (*2)「JAL SKY NEXT」サービスの詳細についてはhttp://www.jal.co.jp/skynext/をご参照ください。

 (*3)エンブラエル190型機の詳細についてはhttp://press.jal.co.jp/ja/release/201601/003615.html をご参照ください。

国際線

1.増便

路線

時期

便名

変更内容(往復)

機材

備考

成田=モスクワ

2016

327日~630

JL421/422

(*4)

3便4便

(月曜日を追加)

787-8

(SS8)

月・水・金・日運航

71日~1029

4便⇒週5便

(土曜日を追加)

月・水・金・土・日運航

  (*4327日~331日の便名はJL441/442となります。

2.ダイヤ変更

路線

時期

便名

変更内容

成田=パリ

2016327日~

JL415

(*5)

成田発11:40(日本時間)⇒パリ着17:10(現地時間)

(現在 成田発 14:00()⇒パリ着 19:30(同))




 

  *5JAL416便のダイヤ パリ発 21:55(現地時間)⇒成田着 翌日16:30(日本時間) は変更ありません。

3.機材変更
【ボーイング777-200ER型機の「SKY SUITE」仕様への改修】
新たに777-200ER型機を「SKY SUITE」仕様に改修し、ビジネスクラスには新たにフルフラット座席を導入します。また、プレミアムエコノミークラスにはご好評いただいている「SKY PREMIUM」、エコノミークラスには「新・間隔エコノミー」として親しまれている「SKY WIDER」を装着します。今夏以降、羽田=バンコク線、羽田=シンガポール線を中心とした東南アジア路線へ、冬以降にはホノルル線へ順次展開を予定しています。新客室仕様の詳細、路線投入スケジュールにつきましては、確定次第、ご案内します。

【ボーイング787-9型機による運航路線、およびプレミアムエコノミー設定路線の拡大】
6月より成田=ボストン線、9月より成田=クアラルンプール線を「SKY SUITE」仕様の787-9型機で運航します。ボストン線のビジネスクラスでは初めてフルフラット座席を提供します。
また、昨今の旺盛なプレミアム需要にお応えすべく、プレミアムエコノミーサービスを上記2路線のほか、ホノルル線についても現在の羽田路線に加え、成田、関西、中部発着の便にも今夏以降順次導入します。

路線

時期

便名

変更内容(往復)

成田=ボストン(*6)

2016611日~

JL008/007

787-8 ⇒ 787-9(SS9)

成田=クアラルンプール(*7)

2016911日~

JL723/724

767-300ER(SS6) ⇒ 787-9(SS9)

    (*6) JL007便は612日よりSS9へ機材変更
   
(*7) JL723/724便のプレミアムエコノミークラスの販売開始は、2月上旬を予定しております。


【その他機材変更】
需給環境に適合した機材変更を行います。羽田=北京線(JL025/020)、成田=香港線、成田=台北(桃園)線ではビジネスクラスにシェルフラットネオ座席を装着した787-8型機を新たに投入します。

路線

時期

便名

変更内容(往復)

羽田=シンガポール

2016327日~

JL037/036

767-300ER(SS6) ⇒ 777-200ER

成田=デリー

201661日~

JL749/740

787-9(SS9) ⇒ 787-8(SS8)

羽田=北京(*8)

2016327日~

JL025/020

767-300ER   787-8

羽田=香港

201691日~930

JL029/026

777-200ER ⇒ 777-300ER(SS7)

成田=香港(*9)

2016331日~

JL735/736

767-300ER   787-8

羽田=ソウル(金浦) (*10)

201661日~831

JL095/090

767-300ER ⇒ 787-8

羽田=台北(松山)

2016327日~

JL097/098

777-200ER   767-300ER

成田=台北(桃園) (*11)

201671日~

JL809/802

767-300ER   787-8

   (* 8) JL020便は328日より機材変更
  
(* 9) JL736便は41日より機材変更
  
(*10) JL090便は62日~91日の間、機材変更
  
(*11) JL802便は72日より機材変更

国内線

1.季節運航(継続)

路線

内容(往復)

期間

伊丹=松本

11便

201681日~ 831

伊丹=女満別

11便

2016716日~718日、723日~725日、
7
30日~831

新千歳=出雲

週 4便

201681日~ 831日 月・水・金・日運航

新千歳=徳島

週 3便

201681日~ 831日 火・木・土運航

中部=釧路

週 3便

201681日~ 831日 火・木・土運航

中部=帯広

週 4便

201681日~ 831日 月・水・金・日運航


2.増便

路線

変更内容(往復)

変更期間

羽田=那覇

1日 12便  13便

2016327日~ 427

201651日~1029

1日 12便  14便

2016428日~ 430

羽田=旭川

1日  4便   5便

2016716日~ 831

羽田=函館

1日  3便   4便

2016720日~ 811

羽田=青森

1日  6便   8便

2016720日~ 811

伊丹=青森

1日  3便   4便

2016720日~ 811


3.減便

路線

変更内容(往復)

変更期間

羽田=三沢

1日  3便   0便

2016720日~ 811日 (*12)

羽田=長崎

1日  7便   6便

2016327日~

伊丹=三沢

1日  1便   0便

2016720日~ 811日 (*12)

丘珠=三沢

1日  1便   0便

2016720日~ 811日 (*12)

福岡=松山

1日  5便   4便

2016327日~

福岡=宮崎

1日  8便   7便

2016327日~ (*13)

福岡=鹿児島

1日  2便   1便

201691日~

  *12)三沢空港の滑走路工事に伴う一時的な運休
 
*1371日以降、「エンブラエル170型機 3便、ボンバルディアDHC8-Q400型機 4便」から「エンブラエル170型機 7便」に変更


*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
  20160120_JGN15198_FY16事業計画.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.