このページの本文へ移動

プレスリリース

その他

JAL presents 「HAKUTOスーパームーン観賞チャーターフライト」実施

〜子どもたちをスーパームーン観賞フライトにご招待します〜

  • JAL_logo_1018.jpg

  • HAKUTO_XPRIZE_logo_1018.jpg

(共同リリース)

日本航空株式会社
株式会社ispace
2016年10月18日

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」) と国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(*1)に挑戦する株式会社ispace(本社:東京都港区、代表取締役:袴田武史)が運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、親子(小学生とその保護者)最大60組120名さまを、11月14日に運航する、「HAKUTOスーパームーン観賞フライト」にご招待します。

このチャーターフライトでは、高度30,000フィートの上空からのスーパームーン観賞に加え、HAKUTO代表の袴田が『「夢見たい」を現実に。』と題し、日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」に関連した講演を機内にて行います。また、地上での折り紙ヒコーキイベントも併せて実施し、参加する子どもたちの「夢」を発表いただきます。

このイベントは、JALがコーポレートパートナー契約を締結したチーム「HAKUTO」へのサポート(*2)の一環として、未来を担う子どもたちが航空・宇宙への好奇心を持ち、将来の夢を描くきっかけを提供したいとの思いから、地球と月の距離がもっとも近くなる11月14日の「スーパームーン」が観賞できるタイミングで、「HAKUTOスーパームーン観賞フライト」を運航するものです。

今後も、JALとHAKUTOは、子どもたちが未来に夢と希望を持ち、自らの大きな可能性の実現に向けて、チャレンジを通じ成長していけるよう、さまざまな形でサポートしてまいります。

(*1)Google Lunar XPRIZEについて                     http://lunar.xprize.org
Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から16チームが参加しています。

(*2)2015年10月22日(共同リリース)JAL×月面探査を目指す「ハクト」 コーポレートパートナー契約締結
http://press.jal.co.jp/ja/release/201510/002475.html

※お申込みに関してはこちら
http://social.jal.co.jp/34

※HAKUTOについて
https://team-hakuto.jp/

  • HAKUTO_Rover_1018.jpg 月面探査ロボット「ローバー」

     

  • 767 300_logo_1018.jpg767-300型機

 

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。