PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年05月30日

特別塗装機「JALセレブレーションエクスプレス」が国内線に就航

~東京ディズニーリゾート®35周年“Happiest Celebration!”ミッキーマウスをはじめ、ディズニーの仲間たちが描かれた特別なデザインの旅客機が期間限定で登場~

 

 

  • LOGO_JAL_TDR.jpg

     

(共同リリース)

2018年5月30日
日本航空株式会社
                                  株式会社オリエンタルランド

日本航空株式会社(以下、「JAL」)と株式会社オリエンタルランドは、現在開催中の東京ディズニーリゾート35 周年“Happiest Celebration! ”(*)のタイアップ企画として、2018年6月22日(金)より、特別塗装機「JALセレブレーションエクスプレス」(ボーイング767-300ER型機)を国内線に就航させます。

東京ディズニーリゾートが35周年を迎えたことを記念して、東京ディズニーランド®開園以来のオフィシャルスポンサーであるJALと、2015年度以来となる、旅客機の塗装によるタイアップが実現します。旅客機には、東京ディズニーリゾート35周年の特別なコスチュームを着た、ミッキーマウスとディズニーの仲間たちや、色とりどりのリボンが描かれ、機体を華やかに彩ります。また、ヘッドレストカバーや紙コップなどの機内装飾や、搭乗証明書にも特別なデザインが施され、東京ディズニーリゾートを感じながら空の旅をお楽しみいただけます。ぜひこの機会に、特別塗装機「JALセレブレーションエクスプレス」で、“Happiest”なひとときをお過ごしください。

  • セレブレーションJET.jpg

     

「JALセレブレーションエクスプレス」の概要
◆機   材 : ボーイング767-300ER型機(機体番号:JA612J)
                   全長:54.9m/全高:16.0m/全幅:47.6m、座席数:252席
                           (ファーストクラス:5席、クラスJ:42席、普通席:205席)
◆就航路線  : ボーイング767-300ER型機運航路線
        ※具体的な路線や便名については、運航前日の夕方にJALホームページで公開します
◆初  便 : 2018年6月22日(金) JAL317便 東京(羽田)発 12:15 福岡着 14:05 (予定)
◆就航期間 : 2018年6月22日(金) ~ 2019年3月頃まで就航予定

 詳細につきましては、JALホームページでご覧いただけます。 URL http://www.jal.co.jp/disney_jet/
6月下旬公開予定です。

  • グッズ_TDR.jpg

     

◆関連ツアー
ジャルパックでは、羽田空港⇔東京ディズニーリゾート間を「マジカルファンタジー号」で無料送迎するなど、オフィシャルスポンサーならではのさまざまな特典付きのツアーをご用意しています。東京ディズニーリゾートへは、ぜひJALグループ便でお出かけください。

<ツアー詳細>
■ツアータイトル :JALで行く東京ディズニーリゾート
■出発日      :2018年4月~11月
■出発地  :大阪・札幌・名古屋(中部)・福岡・沖縄・女満別・旭川・釧路・帯広・函館・青森・三沢・
秋田・山形・小松・南紀白浜・岡山・広島・山口宇部・出雲・徳島・高松・高知・松山・北九州
大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・種子島・奄美大島・宮古・石垣  

■商品ポイント :①羽田空港⇔東京ディズニーリゾート間は「マジカルファンタジー号」で無料送迎
②ディズニーキャラクターが描かれたJALパックオリジナル「パスポートホルダー」プレゼント
③3~11歳のお子さまにはJALパックオリジナルデザインの「ペットボトルカバー」プレゼント
④「ビッグバンドビート」鑑賞券(人数限定)、ポップコーンバケットなどのプレゼント
⑤憧れのプリンセスに変身できる「ビビディ・バビディ・ブティックプラン」や、東京ディズニーシー
の人気レストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のランチ付コースなど、特別なコースもご用意

■旅行企画・実施 :株式会社ジャルパック
観光庁長官登録旅行業第705号・(社)日本旅行業協会正会員

※本ツアーでは「JALセレブレーションエクスプレス」での運航便以外も利用します

以上

©Disney
※写真はイメージです

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。