PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年07月23日
  • 第18049号

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」をさらに盛り上げます

~「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」をスローガンに、開催に向けて機運を高めます~

 
  • fig1.jpg

     

JALは、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」(以下、東京2020大会)のオフィシャルエアラインパートナーとして、開催2年前を迎える「東京2020大会」への機運を高めるべく、東京都や公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とともに、「2 Years to Go!」のスローガン、また、JAL×東京2020大会のコミュニケーションスローガン「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」(*1)に込めた思いを体現した活動を展開してまいります。
(*1)2018年4月28日付プレスリリース 「2020年とその先の未来に向けたコミュニケーションスローガン 『Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。』を決定!」http://press.jal.co.jp/ja/release/201804/004706.html
「東京2020大会」開催2年前の機運醸成に向けた取り組み
〇東京2020マスコットを描いたデカール機が就航
2018年7月22日に正式発表された東京2020マスコットである「ミライトワ」、「ソメイティ」のデビューを記 
念して、7月24日より東京2020マスコットを描いたデカール機が就航します。国内各地に就航し、空からも「東京2020大会」を応援します。

機材:          「ボーイング777-200型機」
就航地:        東京(羽田)・大阪(伊丹)・札幌(新千歳)・福岡・沖縄(那覇)など
就航開始日: 2018年7月24日(火)

  • fig2.jpg

    参考:デカール機イメージ

  • fig3.jpg

    参考:デカール拡大

〇「2Years to Go!」 羽田空港エアポートドレッシング
2018年7月24日~9月6日まで、羽田空港国内線第1ターミナルにて「東京2020大会」2年前をテーマにした大規模な空港装飾を行います。JALがサポートする「東京2020大会」を目指すアスリートの横断幕や東京2020マスコットを活用した展示などを展開します。

  • fig4.jpg

    エアポートドレッシング イメージ

 〇2Years to Go! JALスペシャルイベントin羽田空港
2018年7月28日~29日には羽田空港国内線第1ターミナル2階の中央イベントスペースにスペシャルゲストをお招きし、VRフェンシング体験やその場でJALネクストアスリートマイルへ寄付すると抽選会に参加できるイベント、2018年7月30日~31日にはもれなく賞品が当たる抽選会イベントを行い、東京2020大会への機運を高めます。
 〇新着情報は随時、下記HPにて公開していきます。
 「Fly for it!一緒なら、もっと飛べる。」  特設WEBサイト http://www.jal.com/ja/flyforit/

 以上

 

  • fig5.jpg

    JALは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルエアラインパートナーです。

 

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。