PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年04月24日

JALとガルーダ・インドネシア航空、コードシェアを拡大

~関西、中部からジャカルタへのアクセスがますます便利になります~

 
  • JALロゴ.png

     

  • GAロゴ.png

     

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下、「JAL」)とガルーダ・インドネシア航空(本社:ジャカルタ、President&CEO:I Gusti Ngurah Askhara Danadiputra、以下、「ガルーダ航空」)は、2018年9月に包括的業務提携に合意し、2018年10月28日(日)よりコードシェアを行っています(*)。このたび、5月8日(水)より、ガルーダ航空が運航する日本とインドネシアを結ぶ路線、およびJALが運航する日本国内線をコードシェア便に追加し、コードシェア便を拡大します。
(*) 2018年9月6日付共同リリース「JALとガルーダ・インドネシア航空、包括的業務提携に合意」参照
   URL:http://press.jal.co.jp/ja/release/201809/004863.html

今後、両社は、さらなるコードシェア便の拡大や、マイレージ提携、さらには共同事業の実施に向けて、両社のお客さまにとってメリットを最大限にご提供できるよう、検討してまいります。

【新規コードシェア概要】※コードシェアの実施は、関係当局への申請と認可が条件となります。
販売開始日:  2019年4月25日(木)
コードシェア開始日: 2019年5月8日(水)
対象路線:  <ガルーダ航空運航便> 関空=ジャカルタ、中部=ジャカルタ
                      <JAL運航便>   東京(羽田)=大阪(伊丹)

  • JAL_Fleet.png

     

  • GA_Fleet.jpg

     

以上

参考:JAL/ガルーダ・インドネシア航空コードシェアネットワーク

  • Route_JLGA.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。