このページの本文へ移動
サステナビリティ

「JALマイル・フォー・エコ」財団法人オイスカの中国・内モンゴルの沙漠化防止活動を支援

第09033号

JALグループは、財団法人オイスカが展開する住民参加型沙漠化防止プロジェクトに賛同し、今年も例年どおり環境月間である6月に、JALマイレージバンク会員の皆さまへマイルの寄付を呼びかけ、JALマイレージバンク会員の皆さまからのマイル寄付相当額を中国・内モンゴル沙漠化防止に役立てる「JALマイル・フォー・エコ」を実施します。

イメージ1

 

JALグループでは、財団法人オイスカの活動拠点である中国・内モンゴル阿拉善(アラシャン)沙漠生態研究研修センターの設立以来(2006年)、協力を継続しています。

本年の「JALマイル・フォー・エコ」の実施要領は以下の通りです。

 

イメージ2

受付期間

200961日(月)10時~2009731日(金)24

(いずれも日本時間)

 

                                                    

受付内容

  10,000マイル(相当額1万円)を1口とするマイル寄付                    内モンゴル阿拉善沙漠生態研究研修センター

 

受付方法

JALホームページ(日本地区会員)において、1口(10,000マイル)単位の寄付を受付けます。案内にしたがい「寄付する」のボタンをクリックして頂きます。2口以上の申し込みは、その操作を繰り返すことで可能です。海外地区会員、ホームページを利用されない会員の皆様は各地区JMB(JALマイレージバンク)センター、日本地区会員事務局の電話受付をご利用いただけます。なお、JALマイレージ利用の実績報告書への表示は「JALマイル・フォー・エコ」、または「MILEAGE DONATION FOR ECO-CHINA」です。

URL: http://www.jal.co.jp/ecochina2009/

 イメージ3

内モンゴル阿拉善沙漠に建つJALによる沙漠化防止活動支援の看板 20083月設置)

 

JALグループが支援している活動の一例>

 イメージ4イメージ5

           (沙漠に植える苗の栽培)             (種子を入れた袋による植生回復を図るバッグ工法試験)

             

JALグループは、地球環境への取り組みを経営の重要課題ととらえ、事業活動における日常的な環境負荷軽減の様々な施策とともに、航空機による大気観測、森林火災観測に継続して取組み、象徴として尾翼を緑に塗装した「JALエコジェット」を国内線への就航、非食物植物系由来のバイオジェット燃料を使用した「JALバイオ・フライト」を実施するなど、地球規模の環境活動に、航空会社ならではの積極的な支援を行っています。

 

JALグループはこれからも地球と共生し、次世代に豊かな環境を残すことを目指し、さまざまな地球環境プロジェクトを推進してまいります。

 

 

<参考>

財団法人オイスカ(主務官庁:外務省、農林水産省、経済産業省、厚生労働省)は、「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して設立された国際NGOオイスカ・インターナショナル(本部:日本)の活動機関として、国内会員の支援をうけ、主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開しています。海外協力の現場経験から1980年より地球環境保全の重要課題として植林活動を開始し、2000年には中国内蒙古自治区阿拉善盟において住民参加型沙漠化防止プロジェクトを始めました。

URLhttp://www.oisca.org/project/china/index.html#ch2

以 上

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN09033.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。