このページの本文へ移動
決算・株式・経営

JALグループ、2011年度下期 路線便数計画の一部変更を決定

11059

 

~きめ細かい需給調整により、収益性と利便性の向上を図ります~

 

JALグループは、2011年度下期の国際線・国内線における路線便数計画の一部変更を決定しました。2011120日に発表した2011年度の路線便数計画をベースに、至近の需給環境をきめ細かく分析して、一部の路線を減便することにより利用率を上げ、充分な需要が確実に見込める路線を増便して、さらなる収益性の向上を図ります。

 

国際線においては、イールドの高い旺盛なビジネス需要がある成田=デリー線を、週間4便から週間5便に増便します。

また、国内線においては、一部路線の減便と羽田発着便を中心に6路線、16便を増便して、ネットワークを維持しながら、需要にあった路線便数計画を実施してお客さまの更なる利便性の向上を図ります。  *なお、下記計画とスケジュールは関係当局の認可を前提としております。

 

国際線

【増便】

路線

変更内容(往復)

増便時期

備考

成田=デリー

週間 4便⇒5便

20111030日~

火・水・木・金・日曜運航

(木曜増便)

 

国内線

【増便】

路線

変更内容(往復)

変更時期

備考

羽田=秋田

13便 ⇒  4便

20111030日~

羽田=岡山

14便 ⇒  5便

20111030日~

羽田=沖縄

112.5便 ⇒ 13.5便

20111030日~

21日~229日は

114.5便

羽田=札幌

116便 ⇒ 17便

20111030日~

関西=沖縄

13便 ⇒  4便

20111030日~

15日~131日は

13便

札幌=花巻

12便 ⇒  3便

20111030日~

 

 

【減便】

路線

変更内容(往復)

変更時期

備考

羽田=福岡

118便 ⇒ 17便

20111030日~

羽田=関西

13便+(週 1便)

 ⇒ 13便

20111030日~

羽田発金曜夜、関西発土曜朝(需要に応じて運航曜日は一部変更)の週末のみ運航していた1便を減便

以上

 

 *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
    JGN11059.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。