このページの本文へ移動

プレスリリース

実績

2015年度ゴールデンウィーク期間 お客さまご利用実績

第15022号

2015年度GW期間(2015428日(火)~56日(水・祝))の、JALグループ航空会社をご利用いただいたお客さまのご利用実績を取りまとめましたので、ご報告します。

JALグループご利用実績】

1.国内線 (JAL, J-AIR, JTA, RAC, JAC, HAC各社合計)

提供座席数

総旅客数

利用率

前年比

前年比

前年比

1,184,068

96.9%

869,769

106.7%

73.5%

+6.7pt



  

2.国際線 (JAL)

提供座席数

総旅客数

利用率

前年比

前年比

前年比

269,959

100.3%

229,419

108.6%

85.0%

+6.5pt



詳細につきましては、添付別紙JALグループ各社実績をご覧ください。

実績概況

1. 国内線 

○ GW後半の連休が昨年よりも1日多く、5日間となっていることから、期間合計で提供座席数を約3.1%減らしているにも関わらず、旅客数は前年を6.7%、利用率は6.7pt上回りました。

○ 先得割引などの需要喚起型運賃が好評であり、方面別では、北海道・九州方面の旅客数が前年を大きく上回りました。

○ 期間中のピークは下りが52日、上りが55-6日でした。

2. 国際線

○ リゾート路線の実績が大きく伸長し、ホノルル線が約90%、グアム線が約94%となりました。昨年需要が落ち込んでいた東南アジア線に加え、中国・韓国線の実績も伸びました。

○ 期間中の日本発のピークは429-52日、日本着のピークは54-6日でした。

(別紙)

 JGN15022_GW実績_添付資料_r.pdf

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

JGN15022_GW実績.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。