このページの本文へ移動

プレスリリース

実績

2016年度ゴールデンウィーク期間 お客さまご利用実績

16029

 

2016年度ゴールデンウィーク期間(2016428日(木)~58日(日))の、JALグループ航空会社便のご利用実績を取りまとめましたので、ご報告します。

 

JALグループご利用実績】

1.国内線 (JAL, J-AIR, JTA, RAC, JAC, HAC各社合計)

提供座席数

総旅客数

搭乗率

前年比

前年比

前年比

1,422,725

98.5%

1,018,078

99.8%

71.6%

+1.0pt

 

2.国際線 (JAL)

提供座席数

総旅客数

搭乗率

前年比

前年比

前年比

329,404

99.8%

270,803

98.8%

82.2%

0.8pt

詳細につきましては、別添「JALグループ各社ご利用実績」をご覧ください。

 

実績概況

 

1. 国内線

・ 前年を上回る搭乗率となりました。下りのピークは429日に集中、上りは55日がピークでしたが、全体的には分散傾向が見られました。

  ・ 方面別では中国・四国方面の旅客数、搭乗率が前年を上回り、九州方面、沖縄方面に関しても、搭乗率が前年を上回りました。

 

2. 国際線

・ 全体の実績としては、ほぼ前年並みという結果でした。日並びもよく日本発は4月末から5月初めにかけて、ピークとなりました。

・ 方面別では、特に欧州線・東南アジア線が前年より好調となりました。

 

(別紙)

20160509_JGN16029_JALグループ各社ご利用実績.pdf

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

20160509_JGN16029_2016GW期間ご利用実績.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。