PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年09月02日

那覇空港周辺の渋滞緩和に向け試行実験実施

〜那覇空港から公共交通機関とカーシェアの組み合せ利用で渋滞緩和を促進〜

 

(共同リリース)

タイムズ24株式会社
日本航空株式会社
沖縄県
那覇市
内閣府沖縄総合事務局

タイムズ24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、社長:赤坂祐二、以下「JAL」)、沖縄県、那覇市、内閣府沖縄総合事務局の官民5者は、2019年9月2日より、那覇空港周辺の渋滞緩和の試行実験を実施します。
県民のマイカー利用が多く、さらに年々観光客が増加する沖縄県では、慢性的な交通渋滞が問題となっています。県では交通渋滞改善に向けてTDM施策推進アクションプログラムを策定し、公共交通の利用促進や、適切な自動車利用の誘導など、様々な施策を実施・促進しています。
今回、TDM施策の一つとして、タイムズ24、JAL、沖縄県、那覇市、内閣府沖縄総合事務局が連携し、那覇空港周辺の渋滞緩和を目的に、空港から離れた場所に点在するカーシェアリングの利用促進を図ります。
タイムズ24とJALは那覇空港に到着するJAL便に搭乗し、那覇市内に配備されているカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」の車両を利用された方に、カーシェアでの走行距離に応じてJALのマイルをプレゼントする「那覇市走ってマイルキャンペーン」を実施します。
また、本実験実施に伴い、指定期間内に「走ってマイル」のサービスページからJMBお得意様番号をご登録いただいた方の中から抽選で30名様に、東京(羽田)=沖縄(那覇)線の普通席特典航空券(往復)相当分のJALのマイルをプレゼントします。
タイムズ24、JAL、沖縄県、那覇市、内閣府沖縄総合事務局は、今後も連携を図り、カーシェアリングと公共交通機関の組み合わせ利用促進や、モノレール駅やバス停留所など交通結節点へのカーシェアリング車両の配備拡大などにより、県内の渋滞解消を目指してまいります。

【「TDM(交通需要マネジメント)施策推進アクションプログラム」概要】
TDM施策推進アクションプログラムは、行政機関、民間企業、県民が連携・協力して、一人ひとりが主体的・自発的にTDM 施策に関わり、今後具体的に取り組みを推進していくための道筋を総合的、体系的に示すことを目的に作成したものです。TDM施策には、手段の変更(公共交通機関の利用)や自動車の効率的利用(カーシェアリング)、時間帯の変更(時差出勤)などが挙げられます。

■ 試行実験「那覇市走ってマイルキャンペーン」
期間 :2019年9月2日〜2020年3月31日
専用WEBサイト: https://share.timescar.jp/jal_mile/
内容 :上記期間、那覇空港周辺の渋滞緩和を目的に、那覇市内のステーションに配備されているタイムズカーシェア車両を対象とした「走ってマイル」(*1)のサービスを実施します。
(*1)「走ってマイル」:JAL便ご搭乗後、対象のタイムズカーシェアステーションに配備された車両をご利用したJMB会員の方に、走行距離1kmにつき1マイル(最大600マイル※)を積算。※積算マイル数は、ご利用の料金メニューに応じて上限あり。
ご利用には、上記タイムズカーシェア の専用WEBサイトでのJMBお得意様番号ご登録が必要。
【参考】「走ってマイル」は、2019年9月2日現在、下記4空港を対象に常設サービスとして展開。
・広島空港(広島空港県営第1駐車場ステーション、【タイムズカー】広島空港)
・高松空港(高松空港月極ステーション)
・大阪国際空港(大阪国際空港ステーション、【タイムズカー】伊丹空港)
・関西国際空港(関西国際空港ステーション  、【タイムズカー】関西空港 )
        ※()内は「走ってマイル」の対象カーシェアステーション

■ 15,000マイル(東京=沖縄 普通席特典航空券<往復>相当)プレゼントキャンペーン
「走ってマイル」サービスサイト: https://share.timescar.jp/jal_mile/
内容 :試行実験「那覇市走ってマイルキャンペーン」実施期間内に、タイムズカーシェア の「走ってマイル」サービスサイトでJMBお得意様番号をご登録いただいた方の中から抽選で30名様に15,000マイル(東京=沖縄 普通席特典航空券<往復>相当)をプレゼントします。
※抽選対象となるためには、上記タイムズカーシェアの専用WEBサイトで本キャンペーンのエントリーが必要です。

 以上

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。