このページの本文へ移動

プレスリリース

第21038号
その他

JAL国内線 あらゆるタッチポイントでより安全・安心な空の旅を提供

~自動チェックイン機へのタッチレスセンサ設置、空港や機内における抗ウイルス・抗菌コーティング作業が完了しました~

リリースの概要

1.自動チェックイン機・手荷物預け機へのタッチレスセンサ設置が完了しました。
2.全国内空港ならびに機内の抗ウイルス・抗菌コーティングが完了しました。
3.搭乗時のソーシャルディスタンス確保のため、国内線の搭乗方式を変更しております。
4.持続可能な社会の実現に向けた空港における環境負荷低減の取り組みの一環として、空港カウンターでのお手荷物用ビニール袋を廃止しプラスチック使用削減に取り組みます。

1. 安全・安心の取り組み強化
 JALでは、最新技術の活用による非接触化の強化および衛生・清潔性のさらなる向上に取り組んでおり、あらゆるシーンで安全・安心にご利用いただくことができます。

①自動チェックイン機へのタッチレスセンサ設置全国展開完了

 お客さまご自身でお手続きを行う自動チェックイン機にタッチレスセンサを取り付けたことで、操作画面に直接触れることなくご搭乗手続きをしていただけます。このたび、自動チェックイン機を設置している全42空港において、タッチレスセンサの取り付けが完了しました。
6.KIOSK.jpg

②抗ウイルス・抗菌コーティングの全国展開完了
 JALは、日ごろの清掃・消毒作業の徹底に加え、お客さまにより安心を届けるため、2020年11月より本邦航空会社として初めて、空港や機内の抗ウイルス・抗菌コーティングを進めてまいりました。このたび、JALが管理している空港のカウンターや自動チェックイン機、ラウンジ、車いす、ベビーカー、保安検査場トレイ、ステップ車に対する作業が完了しました。
 また、市内カウンター(有楽町JALプラザ)やJALが保有する航空機の機内(*1)における抗ウイルス・抗菌コーティングも完了し、あらゆるタッチポイントでお客さまに安心いただける旅をサポートします。
(*1)7月現在の保有機材で退役が決定している機材は除く。JACが保有する機体については7月完了予定。

 

7.空港コーティング.jpg
8.ステップカー.jpg
作業風景3.jpg

③国内線ご搭乗方法の変更(グループボーディング)
 搭乗口での機内へのご案内をグループ番号順のご案内に変更しました。搭乗券や保安検査場で発行されるレシートにグループ番号(GROUP1~GROUP5)を印字し、お客さまに搭乗順を分かりやすくお知らせします。これにより、多くのお客さまが搭乗口付近に集中することを回避することができ、お客さま同士のソーシャルディスタンス確保が可能となります。

 

2. 環境負荷低減の取り組み
 JALでは、CO2削減をはじめさまざまな環境課題に具体的な目標を定め、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを進めております。使い捨てプラスチック削減については、中期経営計画(*2)で経営目標に掲げておりますが、その実現に向けた取り組みの一環として、空港カウンターでのお手荷物梱包用のビニール袋(*3)のご提供を終了することとしました。なお、ベビーカーならびに車いす用ビニール袋は、お客さまご自身の移動に必要な手段を保護するため、引き続きご提供を継続します。JALは今後も、さまざまな領域で、プラスチックごみ問題に向き合ってまいります。
(*2) 2019年5月7日付プレスリリース第21012号「2021-2025年度 JALグループ中期経営計画を策定」
https://press.jal.co.jp/ja/release/202105/006065.html 
(*3) FY19における年間消費量:約150万枚

【ご提供終了予定日】(ご提供終了日は変更となる可能性がございます)
  国際線:2021年8月31日(火)
  国内線:2021年9月30日(木)

JALはこれからも、安全・安心な空の旅のご提供ならびに誰もが豊かさと希望を感じられる未来づくりに貢献します。

以上

SDGsマーク.JPG

 

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。