PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年01月18日
  • 第17133号

JALグループ、2018年度路線便数計画を決定

~国際線の増便を継続、国内線は新機材の運航路線を拡大~

 

 JALグループは、2018年度の路線便数計画を決定しました。

国際線は、すでに発表済み(*1)の関西=ホノルル線と成田=バンコク線の増便(2018年3月25日~10月27日)を2019年3月30日まで延長し、旺盛な需要に対応します。また、2017年1月以降の日本・ロシア間のビザ発給要件緩和に伴う需要の増加に対応して、昨年度と同様に成田=モスクワ線の増便を実施します。2018年7月~10月には毎日運航とすることで、引き続き二国間の交流促進に努めてまいります。
さらに、羽田=バンコク線では、ご好評いただいているJAL SKY SUITE(*2)仕様の777-200ER型機による運航を増やし、機内の快適性向上を図ります。これにより、2018年8月以降の羽田=バンコク線は、すべてJAL SKY SUITE仕様の777-200ER型機での運航となります。
成田=ホノルル線においては、お客さまからのご要望にお応えし、夏の高需要期にJAL SKY SUITE仕様の777-300ER型機を投入し、ファーストクラスサービスを設定します。

国内線は、「JAL SKY NEXT」サービス(*3)を中心に商品・サービスの品質強化を引き続き行うとともに、季節需要に適合した運航を行います。羽田=新千歳線は夏季期間や週末の旺盛な需要にお応えし、一部期間の増便を実施します。また、伊丹発着路線を中心に、「クラスJ」や無料ビデオプログラムサービスを提供するエンブラエル190型機(*4)での運航路線・便数の拡大を図ります。また、昨年度より導入を開始した新機材ATR42-600型機の運航路線を鹿児島発着路線中心に拡大し、那覇発着路線には737-800型機の投入を順次進め「JAL SKY NEXT」サービスを拡充します。さらに、新規路線として徳之島=沖永良部=那覇線を7月より開設し、「奄美群島アイランドホッピングルート(*5)」として奄美群島5島(*6)と那覇を結びます。

JALグループは今後もお客さまの利便性、快適性、さらなるネットワークの拡充、商品・サービス品質の向上にチャレンジしてまいります。

(*1) 2018年度における国際線の増便については、http://press.jal.co.jp/ja/release/201712/004511.htmlならびに
  http://press.jal.co.jp/ja/release/201712/004545.htmlをご参照ください。
(*2) 「JAL SKY SUITE」機材の詳細は、 https://www.jal.co.jp/newsky/をご参照ください。
(*3) 「JAL SKY NEXT」サービスの詳細は、 http://www.jal.co.jp/skynext/をご参照ください。
(*4)エンブラエル190型機のサービスの詳細は、 http://www.jal.co.jp/dom/special/jair/をご参照ください。
(*5)「奄美群島アイランドホッピングルート」の詳細は、http://www.jac.co.jp/pressrelease/pdf/20180118.pdfを参照ください。
(*6)喜界島、奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島

※以下の計画は関係当局への申請と認可を前提としております。

  • gazo1.jpg

     

  • gazou2.jpg

     

 

  • gazou3.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。